2014年度第8回キッズデザイン賞

シリンダー一体型ハンドル S型


シリンダー一体型ハンドル S型

製品概要

核家族化とスマート化が進む住環境の中で、子育て期の安全・安心・便利を実現する新型ハンドル。グリップ部は小さなお子様でも安心して操作しやすいアルミと樹脂のハイブリッドによる高耐久・大型仕様。電子錠内蔵により、お子様を抱いた状態でも簡単に施解錠可能。さらに、グリップ部へ内蔵したことで、帰宅シーン等で、お子様でも楽に届く高さのボタン配置となっています。一方、室内側の上下に離れたサムターン位置により、未習熟のお子様一人での急なドアの解錠・開閉、飛び出しへ配慮しています。また、このサムターン位置は、ガラス破り等によるサムターン回しにも有効となり、共働きによるお子様単独での留守番にも安心を提供します。


その他

開発の考え方
日々開閉される玄関ドアの中でも、最も触れられ、操作されるハンドル。特にお子さまは力いっぱい引っ張る箇所だからこそ、確固たる安心と利便性を追求しました。アルミと樹脂のハイブリッド構造による高耐久品質と電子錠内蔵の両立、子育てシーンの想定による各パーツ配置により次代の暮らしに溶け込むハンドルです。


デザイナー

株式会社 LIXIL ドア開発部 熊本 貴一、ドア商品部 西澤 直記、デザイン企画部 横尾 基成


審査委員の評価

2014年度第8回キッズデザイン賞

アルミと樹脂を組み合わせた独自構造で耐久性の高い大型グリップにつくり、電子錠による自動施解錠で子育て層にも利便性がある。内側は幼児のいたずらによる飛び出しなどを防止する設計になっており安全性への配慮もある。