2014年度第8回キッズデザイン賞

玄関ドア上LED照明


玄関ドア上LED照明

製品概要

玄関空間に安全・安心と美しさを提供する新照明スタイル。指向性に特徴あるLEDをドア上に配置することで、照度の必要な手元・足元を効率的に照らします。また、従来のポーチライトではドアを開けた際に、室内側まで灯りが届かず、玄関ホールの段差や子育て期に散乱しがちな靴が見えづらいのに対し、ドア上配置により、室内までハッキリと照らされ視覚的な安全を実現します。さらに、人感・照度センサー内蔵により 現代の多様な生活シーンにもストレス無く対応します。以上の新スタイル実現の中で、機器自体は主張することなくシンプルにドアと一体化させることで、昼は空間にスッキリと調和し、夜には優しい灯りが暮らしを包み込みます。


その他

開発の考え方
指向性に特徴あるLEDをドア上に配置し、人感・照度センサーを内蔵することで、空間を効率的に照らします。また、従来のポーチライトではドアを開けた際、室内側まで灯りが届かず、玄関ホールの段差や子育て期に散乱しがちな靴が見えづらいのに対し、ドア上配置により、室内までハッキリと照らされ安全を提供します。


デザイナー

株式会社 LIXIL デバイス開発部 成田 弘一、ドア商品部 西澤 直記、デザイン企画部 横尾 基成


審査委員の評価

2014年度第8回キッズデザイン賞

玄関ドア上部にLED照明を一体化して取り付け、足元の明るさを確保する新規性ある提案。子連れの際の足元の安全性やバッグから鍵を探す時など活用シーンが思い浮かぶアイデアが秀逸である。