2013年度第7回キッズデザイン・奨励賞(キッズデザイン協議会会長賞) 

通風建具 ルーバードア/引戸


通風建具 ルーバードア/引戸

製品概要

ルーバーが開くと風を通し、閉めた状態では風の抑制とプライバシーのための視線抑制をするルーバーの開閉が可動な通風建具における、ルーバーを閉めた状態を保持するためのチャイルドロック機構となります。小さなお子さまが商品を使用する際、(1)開いた状態のルーバーに掴まって遊び転倒して怪我をしたり、(2)ルーバーとルーバーの間に指を入れた状態で引戸の開閉を行い、引戸扉ともう一方の引戸扉の間に指を挟んで怪我をする等の危険が想定されます。これらの事故を防ぐために、小さなお子さまが一人でルーバーが開けられないようにロックさせることで、事故の根源を絶つことを目的としたロック機構です。


その他

開発の考え方 チャイルドロック操作は誰でも簡単に理解し操作が出来る様に、スライド操作を採用しました。しかしこれは小さな子どもも簡単にロックを解除できてしまうことになります。この対策として開閉操作を抑制するダブルロック機能をもたせ、かつ解除操作にはドライバーなどの工具を必要とする構造としました。


デザイナー

株式会社 LIXIL プロダクツカンパニー インテリアBU インテリア開発部 松村崇弘 インテリア商品部 企画G 鹿釜稔


審査委員の評価

2013年度第7回キッズデザイン・奨励賞(キッズデザイン協議会会長賞) 

通風や採光のためにドアに取り付けられるルーバーにチャイルドロック機能をつけ、遊びの中での転倒事故に配慮している。引き戸でルーバーをブラインド的に活用する際にも、操作コードが不要で首つり事故防止にも寄与すると考えられる。