IFdesign award 2019

Sound Decorator


Electricity generating toilet remote controller

製品概要

利用者のプライバシーを守り、心地よい空間を実現するためのパブリックトイレ用音響装置。 従来の流水の擬音ではなく、自然なせせらぎ音としながらも周波数帯をトイレ使用時の行為音に合わせる事で、よりマスキング効果を高めた。 オートタイプは便器に近づくと自動的にせせらぎ音が鳴り始め、離れると鳴り止むよう設定している。不特定多数の人が利用することから、オートタイプ・手かざしタイプともに、機器に触れることなく全ての操作が完了できる仕様とした。また、文字表現を最小限にとどめ、手かざし行為を促すピクトグラムを中心に設けることで、誰でもわかりやすく使いやすい操作性を目指した。


その他

This is a wall-mounted acoustic masking unit that protects the privacy of users at public toilets in stations, buildings, schools, hotels, and elsewhere. Japanese people have a habit of flushing toilets many times to mask noise. This product has contributed to water saving by making a loud flushing sound without emitting water. This new product also increases the masking effect by adjusting the frequency band to the toilet ambiance. Since many people use the toilet, the device is designed to be fully operated without touching. Set horizontally, it blends into the toilet space.