2018年度グッドデザイン賞

宅配ポスト [スマート宅配ポスト]


宅配ポスト [スマート宅配ポスト]

製品概要

「好きなときに受け取れ、ストレスなく発送」し、ユーザーに『時間的価値』を提供するスマート宅配ポスト。IoT化によりユーザーと宅配業者をつなぎ、複数個の受取や安心な集荷対応を実現。IoTボックスの活用により、ユーザーの利便性を高めると共に、配達の効率化にも寄与。今後様々な企業と連携し新たなサービスとユーザーの暮らしをつなげることを目指していく。 外観デザインはポスト・宅配ボックスを一体で考え住宅との調和を図り『空間的価値』も追求。戸建住宅において郵便ポストに代わって「スマート宅配ポスト」が当たり前の文化を醸成し、課題となっている戸建住宅における再配達問題解決のイノベーションにつながるものである。


その他

A smart package postal box allows packages to be picked up when convenient and sent without stress, providing users with “time value”. The move to the IoT links users and delivery service providers, allowing receipt and worry-free collection at multiple postal boxes. IoT boxes increase convenience for users as well as contribute to more efficient delivery. Our aim is to start cooperating with different enterprises and connect this new service with the lives of users. In its exterior design, a mail box and a package postal box are integrated, achieving harmony with the residence and thus also strive for “spatial value”. This creates a culture where “smart package postal boxes” commonly replace mail boxes at detached dwellings, and leads to innovation in relieving any need for redelivery.


審査委員の評価

2018年度グッドデザイン賞

表札廻りの機器はインターフォン機能やカメラ、ロックのシステムなど異なるメーカーの既製品の集積になってしまい、ちぐはぐになってしまうのが常だ。 本製品は扉を2重とし、多くの機器や操作部を扉の中に隠すことでシンプルな外観を実現した。また機能的にも、郵便ポスト、宅配物の複数の受取や集荷も可能で、オールインワンの機能を備えている点も評価につながったと感じている。