2017年度グッドデザイン賞

屋外用照明器具 [美彩(2017モデル/屋外用和風照明)]

 


屋外用照明器具 [美彩(2017モデル/屋外用和風照明)]

製品概要

和風建築や日本庭園の夜景を構成する中心的な照明として開発が待ち望まれていた「行灯照明」を、電気工事資格を持たない造園業者でも施工することが可能な照明器具(DC12V)の1つとして開発。従来の行灯照明は、店舗の軒先等で使用することを前提につくられており、配線の埋設ができない、器具同士の送り配線ができないといった電気工事上の課題から本格的な日本庭園内の照明計画には不向きとされてきた。そこで、造園業者が庭園をつくりあげる過程で施工ができる工夫と伝統的な和風金物製法を用いた照明器具のディテールは建築様式とも相まって、日本ならではの庭園夜景の普及に貢献する。


その他

The Bisai (DC12V) series meets the long-held demand for traditional japanese lantern-style outdoor lights which can be installed by landscapers without electrical qualifications. Current japanese lanterns were made to be put on outside shop fronts for sign and presented a number of wiring problems, making them unsuitable for use in traditional Japanese gardens. Our design makes installation possible for landscapers and taken steps to include details rendered through traditional Japanese metalworking. With these features, the series is set to spread special Japanese garden illuminations.


デザイナー

株式会社LEM空間工房 長町志穂+株式会社LIXIL Housing Technology Japan エクステリア開発部 今泉剛、藤井郁


審査委員の評価

2017年度グッドデザイン賞

現代建築や庭園用の野外照明器具として、行灯の 意匠をベースにシンプルな意匠がどのような建築や庭園にもモダンかつ日本的で静かな雰囲気を醸し出す照明器具となっている。