2015年度グッドデザイン賞

耐震リフォーム工法 [アラテクト]


耐震リフォーム工法 [アラテクト]

製品概要

日本各地で地震発生の危険性が言われている今、耐震性に問題のある住宅は全国に多数現存しており、多くの方が不安を募らせている。「アラテクト」は今後さらに重要度が増すリフォームによる耐震化普及のため、まったく新しい発想で開発された耐震リフォーム工法である。最大の特徴は、家を壊さず簡単に耐震改修ができることにある。その秘密はアラミド繊維を使った軽くて薄いシートを張り付けるという、家を壊して固くて重い材料で補強する従来の耐震改修のイメージとはかけ離れた革新的なデザインにある。その技術は(一財)日本建築防災協会の評価委員会でも認められており、家の中から安心・安全な住まいにできる商品である。


その他

ユーザー・社会に伝えたいこと
耐震改修は大掛りで大変そうだというイメージを持たれることが多いが、繊維シートを用いた軽やかで且つ今までにない工法をデザインすることによって、消費者への耐震改修に対する興味・気づきを与え、耐震改修の普及に貢献したいと考えた。


デザイナー

株式会社LIXIL LIXIL Housing Technology リビングシステム事業本部 外装事業部 高性能住宅工法部 構造体開発グループ 中村 剛


審査委員の評価

2015年度グッドデザイン賞

木造住宅の耐震改修には様々な方法があるが、仕上げ材のように壁に貼ることで耐震性を高められるところにこの案の面白さがある。接合方法にもよるが、簡易な施工によって耐震改修ができるならば、その適用可能性は高い。