中部大学9号館

耐震壁の増設による補強工事が施された9号館 建物と中庭 ピロティや池など豊かな外構を整備

施主
学校法人中部大学
設計
株式会社三橋設計
施工
清水建設株式会社
所在地
愛知県春日井市松本町1200
新築/改築
改築・改修
竣工
2017年10月
建築用途
  • 教育施設
空間
  • タイル
  • 教育施設
  • タイル

タイル 空間の特長

建物ファサードにはルーバーが連続し、彫の深い表情を見せ、棟の低層部にはリズミカルな列柱で連続性を感じさせている。外壁タイルは建築の南面に改修施工され、キャンパス全体の統一感を損なわないように白い味わい深いやきものらしいタイルを選定。二丁掛タイルは板体に引掛けて施工するブリックタイプでセラミックサイディング工法による施釉特注タイルを採用した。これにより全体の空間を景観として印象付け、キャンパス内は白い建築物で構成された風景となっている。

外装タイル(壁・床)
外装壁 BRK/226×73.7/L1754-73( ベルパーチ特注)