高岡信用金庫本店

国の重要伝統的建造物群保存地区 かつて北陸のウォール街と呼ばれた街の姿を現代の技術で新たに創造

施主
高岡信用金庫
設計
清水建設株式会社 一級建築士事務所
施工
清水・松井・塩谷建設共同企業体
所在地
富山県高岡市
新築/改築
新築
竣工
2017年04月
建築用途
  • 庁舎・オフィス
空間
  • 外装・ファサード・サッシ
  • 庁舎・オフィス
  • 外装・ファサード・サッシ

外装・ファサード・サッシ 空間の特長

明治期の街並景観に配慮した表情の豊かなタイルを採用。壁面はイギリス張りによる覆輪目地仕上げ。当時使用されたと思われる塩焼の釉薬は、環境汚染の懸念から使用出来ないため、現在の技術で当時の燻したような色幅があり、趣のある風合に。床タイルは同じ技術で製造しながら、すべりにも配慮している。

外装タイル
外装壁 FC-2/227×60.7/Y160729201
外装タイル
外装壁 FC-1/108×60.7/Y160729201