INAXライブミュージアム ものづくり工房 ものづくり工房

建築陶器のはじまり館・タイル制作
2012/5/22
文化活動への貢献

建築陶器のはじまり館・タイル制作


2012年4月にINAXライブミュージアムに新設オープンした、建築陶器のはじまり館。
この建築に使用されているタイル制作をものづくり工房が行いました。
建築陶器のはじまり館



建築陶器のはじまり館には、ファサードを中心に外壁のスクラッチタイルや、軒先のテラコッタを制作。
テラコッタパークでは、タイルを使用したベンチや雨水マスなど、様々な場所に使用されている陶器をものづくり工房にて制作しました。


■軒先テラコッタの制作
はじまり館のファサード軒先にはテラコッタが並んでいます。50個ものテラコッタはすべてものづくり工房にて手作りにて制作しました。






制作は図面から石膏の型を起こし、石膏型に粘土を押しつけて成形します。形状が複雑なので仕上げが手加工の箇所も多く、釉薬を施さない素地を焼きしめた表情になるので、仕上げにはかなりの気を使いました。ものづくり工房の技術者も1人1日に3個の成形が限界でした。

















成形直後はまだ水分を多く含んでいます。クラックなどが入らないように十分時間をかけてゆっくりと乾燥します。完全に乾燥を終えたら、約1200℃の還元焼成にて焼成し、黒いテラコッタとなります。
テラコッタのコーナー部分も一体成形で制作したものです。


■その他にも、はじまり館では、スクラッチタイルや庇のタイルも制作しています。
スクラッチタイルは、1枚づつ3面に手加工でスクラッチを入れています。
庇のタイルは、左右の面は傾斜がついており、1枚づつ型紙に合わせて成形しています。









■テラコッタパークには、タイルを使用したベンチや、水場に使用されているタイルなども制作しました。また、雨樋からの水受けなどもものづくり工房で制作したものです。その他パークでは、様々な個所に陶器が使用されています。










是非、INAXライブミュージアム建築陶器のはじまり館にお越しいただき、日本を代表するテラコッタ・コレクションの展示をご覧いただき、今回ご紹介しました陶器にも目を向けていただけたらと思います。







ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.