INAXライブミュージアム ものづくり工房 ものづくり工房

イスラム調タイルの製作
2011/8/ 5
文化活動への貢献

ティムール朝の影響により18〜19世紀ごろパキスタンのムルターンにて作られた多彩タイルをものづくり工房にて複製品の製造にトライすることになり、タイル博物館展示の本物を参考に当時の製作技法を推測し同じ様に造る事を試みることにした。

『多彩草花文(たさいそうかもん)タイル』
『多彩草花文(たさいそうかもん)タイル』


赤い土でタイルを成形して、その上に白い土で化粧を施し、青、緑の釉薬で絵付けをした。

型押し
型押し
化粧
化粧
絵付け
絵付け
完成
完成


その幾何学的な草花模様は意外に難しく、何枚ものタイルに図柄を正確に絵付けする当時の職人の苦労が偲ばれる。


多彩草花文タイルと同時に、14世紀ごろのペルシャ(現在のイラン)で作られたと思われる青釉草花文星形タイルの製作も試みた。

『青釉草花文星形(おあゆうそうかもんほしがた)タイル』
『青釉草花文星形(おあゆうそうかもんほしがた)タイル』



こちらは形状こそ八角の角張ったタイルだが中心の草花文は柔らかな絵柄で、そのニュアンスの再現が難しいものでした。

成型
成型
下絵
下絵
絵付け
絵付け
完成
完成



イスラーム世界の王朝の影響で進化し広がっていったイスラームタイルの数々。それぞれの地域の職人達の技術や意思を思い描きながらの製造は、造り手としてはロマンに満ちた幸せな仕事であった。




『四角、星型両完成品』
『四角、星型両完成品』






ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.