INAXライブミュージアム ものづくり工房 ものづくり工房

旧本多忠次邸タイルの復原について〜Vol.2〜
2012/5/16
伝統技術の復原と伝承

【旧本多忠次邸タイルの復原について】


 岡崎市が進めている旧本多忠次邸の移転復原工事(平成24年7月6日公開)について、INAXライブミュージアム ものづくり工房ではタイルの復原のお手伝いさせていただきました。 今回復原の取り組み第2段をご報告いたします。

【内装部分のタイル復原作業】 モザイクタイル、108角タイルの復原

 外装部で使用しているタイルの復原が終了後、続いて内装部で使用しているタイルの復原に取り掛かりました。玄関、トイレ、浴室に使用されていたモザイクタイル及び108角内装タイルの洗浄作業をおこない、不足している分は、古いタイルに色をあわせて新しく追加生産しました。

○モザイクタイルの洗浄と数量の把握

 復原するモザイクタイルは、洗浄する前、モルタルで固定され塊状になっています。モルタルからタイルを剥がすと1枚20mm程の小さなタイルが、約2万枚バラバラの状態になりました。色を分け、使用できるタイルを仕分けした後、不足分タイルの生産に入りました。


8分角モザイクタイル 洗浄前(モルタル付)
8分角モザイクタイル 洗浄前(モルタル付)
洗浄後のモザイクタイル (洗浄のみ)
洗浄後のモザイクタイル (洗浄のみ)
6分角モザイクタイル 洗浄前(モルタル付)
6分角モザイクタイル 洗浄前(モルタル付)




○モザイクタイル モルタル剥がし工程 (約20,000枚)


モルタルから剥がす
モルタルから剥がす
一枚づつ汚れを落とす
一枚づつ汚れを落とす
水洗いをする
水洗いをする
色分け合否選別
色分け合否選別

○6分角モザイクタイルの追加生産
不足分の色あわせを行い、プレス成形で追加生産をしました。 (11色種類・約35,000枚)。モザイクタイルの色見本と比較した後、繰り返し色の微調整の試験を行い、洗浄したタイルと色を合わせました。洗浄したタイルは、色や斑点のバラツキが多かったため、基準とするタイルの選定が難しいものでした。最終的には洗浄品とほぼ同色のタイルを製作することができました。


洗浄したタイルと色見本を比較して色を調整する
洗浄したタイルと色見本を比較して色を調整する

プレス成形
プレス成形
最終色見本
最終色見本

○108角タイルの洗浄と数量の把握
  復原する108角タイルは、グレー、ベージュの2色で、裏にはモルタルがしっかりと付着して、表面も汚れがかなり目立っていました。壁から剥がす際に破損してしまったものも数多く混在していましたので、洗浄作業終了後、選別作業をおこない、使用出来る数量を把握しました。


洗浄試験前
洗浄試験前
洗浄試験後
洗浄試験後

○108角・竹割りタイルの追加製作
  復原するタイルは3種類ありました。1枚は淡いベージュのタイル、残り2種類は斑点模様です。
  どちらも、バラツキが大きかったため、濃・中・淡の3種類の色幅を持たせて表現させました。
  斑点の量や大きさも試作を重ねて復原しています。

上段:オリジナル 下段:復元品(追加)
上段:オリジナル 下段:復元品(追加)
竹割りタイル復元品(追加)
竹割りタイル復元品(追加)


○復原タイルが施工された浴室の紹介

【浴室空間】にはモザイクタイル・108角タイル・竹割りタイルの洗浄品と新規に復原制作した新しいタイルが併用して施工されました。正面壁のベージュ108角タイルは、洗浄された古いタイルが施工され、側面は復原された新しいタイルが施工されています。モザイク床タイルは左奥に復原したタイルが施工され、手前は洗浄された古いタイルが施工されました。ブルー108角タイルはすべて復原されたタイルです。【トイレ空間】には、6分角及び8分角のモザイクタイルとグレー108角タイルが施工されました。こちらも洗浄した古いタイルと復原された新しいタイルが使用されることで、古さと新しさが入り混じった素敵な空間となりました。





2F 浴室空間
2F 浴室空間
手前:オリジナル 奥:復原タイル
手前:オリジナル 奥:復原タイル




左:オリジナル 右:復原タイル
左:オリジナル 右:復原タイル
黒左2枚:復原竹割りタイル 右:オリジナル
黒左2枚:復原竹割りタイル 右:オリジナル



1F 浴室空間
1F 浴室空間
2F トイレ
2F トイレ


内外装全ての復元整備が行われ、岡崎市旧本多忠治邸は岡崎市東公園内に平成24年7月6日に開館されます。
昭和初期を代表する近代建築の復原をお手伝いする機会をいただき、当時のタイルを洗浄し輝きを蘇らせる試みや、当時の制作方法を考えながらの復原への挑戦は、ものづくり工房にとって非常に貴重な経験となりました。タイルがふんだんに使われた空間をご覧いただき、タイルの魅力を改めて感じていただければと思います。







ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.