INAXライブミュージアム ものづくり工房 ものづくり工房

旧本多忠次邸タイルの復原について〜Vol.1〜
2012/3/ 2
伝統技術の復原と伝承

【旧本多忠次邸復原工事の概要】




 現在、岡崎市が進めている旧本多忠次邸の移転復原工事(平成24年夏公開予定)について、
INAXライブミュージアム ものづくり工房ではタイルの復原のお手伝いさせていただいています。

本多忠次氏は江戸時代後期、最後の岡崎藩主となった本多忠直の孫にあたります。

旧本多邸は東京都世田谷区に昭和7年に竣工、平成11年まで使用されました。

平成13年に岡崎市に寄贈され、岡崎市東公園に復原されることが決まり、建築部材や家具が岡崎市に運ばれ、整理・保管されていました。

平成22年の8月より旧本多邸復原工事が開始され、ものづくり工房では古いタイルの洗浄と不足分のタイルの制作を行っています。

【外装部分の復原作業】 スクラッチタイルの洗浄と笠木タイルの制作

 ものづくり工房では平成23年4月より、旧本多邸の外装の一部の【スクラッチタイル】とバルコニーを飾っている【笠木タイル】の洗浄から作業を着手しました。タイルの裏には施工時のモルタルが付着した状態であったため、専用の薬品と水に浸した後、一つ一つ手作業でモルタルを除去しました。洗浄されたタイルはきれいに施工されました。





スクラッチタイル洗浄前
スクラッチタイル洗浄前
タイル裏足のモルタル
タイル裏足のモルタル
施工されたスクラッチタイル
施工されたスクラッチタイル





スクラッチタイル洗浄品
スクラッチタイル洗浄品
笠木 洗浄品
笠木 洗浄品
笠木役物 洗浄品
笠木役物 洗浄品


バルコニー周辺タイルの不足分をものづくり工房で制作しました。制作アイテムは役物タイル、笠木タイル、笠木役物タイルで役物タイルは押出成形、笠木タイルは型押し成形(手作り)で作成しました。笠木役物タイルは笠木タイルを生の状態で切断&接着して成形しました。
表面の釉薬は何度も発色試験を繰り返して、現場のタイルの色に近づけることができました。
最終的には個々のタイルの釉色にムラがあるため、制作するタイルでも同様のムラがでるように、施釉量を変化させることで釉薬の表情を再現しました。


役物タイル押出し成形
役物タイル押出し成形
笠木タイル手押し成形
笠木タイル手押し成形
笠木役物タイル生接着
笠木役物タイル生接着


釉薬先行試験
釉薬先行試験
釉薬試験結果報告
釉薬試験結果報告
施工された笠木タイル
施工された笠木タイル


笠木釉薬先行試験
笠木釉薬先行試験
オリジナルと比較 役物
オリジナルと比較 役物
オリジナルと比較 笠木
オリジナルと比較 笠木



笠木役物タイルも笠木タイルも洗浄した古いタイルと、新しくものづくり工房で制作したタイルとの区別がつかないくらいに色・表情を近づけることができました。


旧本多邸は現在も平成24年夏一般公開に向けて建設が続いています。
ものづくり工房でも現在、内装タイルの洗浄、内装タイルの復原に取り組んでいます。







ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.