LIXIL 出版



LIXIL BOOKLET/建築


武田五一の建築標本−近代を語る材料とデザイン


同じシリーズの書籍を探す


武田五一の建築標本−近代を語る材料とデザイン

本体価格 1,800円(税抜き)
A4判変型(210mm×205mm) 並製 76頁
ISBN 978-4-86480-517-9 2017年3月発行

近代建築を牽引した建築家・武田五一(1872−1938)は、博物学者でもあった?!
国会議事堂の設計にも関わった五一は、自身の建築だけでなく、教育にも力を注いでいた。創設に携わった京都大学建築学部やデザインを教えた京都工芸繊維大学には、彼が中心となって収集した多岐にわたる建築素材や金物サンプル類が残されている。教育用として集められたものの、好奇心旺盛な五一の分類学的思考によって集められたそれらはまさに「建築標本」と呼ぶにふさわしい。建築家でありながら博物学者とも思わせる所以である。
本書では、本邦初公開となる資料を中心に約80点の「建築標本」をカラー図版で紹介。明治の幕開けとともに近代化が始まった日本の建築を象徴する多彩な材料を一望しながら、未来を見据えたコレクター・五一の世界観を垣間見る。彼の好奇心と関心が詰まった建築コレクションを初披露する。




構成(案)

撮影:佐治康生

【扉】武田五一のことば 略歴

【図版構成】京都に遺した建築標本
「新たなる材料」金物/人造石/板ガラス/セメントタイル他/「時代の流行」日華石・光華石/テラコッタ/タイル他/「西洋的生活」水栓金具/錠前/石材見本他/「古典再考」柱頭/古建築模型/建具雛形他/「デザイン表現」装飾金具/テキスタイル他

【インタビュー】
「武田五一の建築標本(仮)」酒井一光(大阪歴史博物館主任学芸員)

【論考】
「武田五一の人物像と功績(仮)」石田潤一郎(京都工芸繊維大学教授)




ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.