LIXIL 出版



現代建築家コンセプト・シリーズ


現代建築家コンセプト・シリーズ24  403architecture[dajiba] 建築で思考し、都市でつくる


同じシリーズの書籍を探す


現代建築家コンセプト・シリーズ24 403architecture[dajiba] 建築で思考し、都市でつくる

著者: 403architecture[dajiba]

本体価格:1800円(税抜き)
A5判 並製 160ページ 日英バイリンガル 
ISBN 978-4-86480-030-3
2017年9月発行

21世紀に入って経済成長の神話が崩れ、都市回帰と地域再生の動きが同時に進み、建築が大きな転換点を迎えるなか、403architecture [dajiba]は2011年に静岡県浜松市を拠点に活動をスタートし、約6年の間に50のプロジェクトを完成させてきた。彼らは、敷地やプログラム、クライアントが異なるそれぞれのプロジェクトのなかに「材料転用」「既存応用」「慣習ずれ」「新旧混成」「等価空間」「単位反復」という性格を見出し、新たな建築的価値を浮かび上がらせる。これら6つの「タグ」は、これからの建築が求める複層的な価値観を示すとともに、建築という創造の歴史との豊かな接続を物語っている。
本書では、6つのタグによる作品分析、6つのタグの歴史的解釈を行なうとともに、イギリスの建築家集団「Assemble」とのメール対談では、建築活動の世紀的な転回を語りあう。建築はこれからどのような意思とともにあるべきか。ここにひとつのモデルが示される。

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.