LIXIL 出版



現代建築家コンセプト・シリーズ


現代建築家コンセプト・シリーズ12 石川初 | ランドスケール・ブック ― 地上へのまなざし<br>Contemporary Architect's Concept Series 12<br>Hajime Ishikawa: The Landscale Book-A Look at the Ground


同じシリーズの書籍を探す


現代建築家コンセプト・シリーズ12 石川初 | ランドスケール・ブック ― 地上へのまなざし
Contemporary Architect's Concept Series 12
Hajime Ishikawa: The Landscale Book-A Look at the Ground

著者 石川初
Author: Hajime Ishikawa


本体価格 1,800円(税抜き)
天地 210mm×左右 148mm 並製 144ページ
ISBN 978-4-86480-001-3
2012年9月10日発行

近年、東京という都市のなりたちを100万年の単位でとらえ、足下の地形への感覚を新鮮に甦らせる仕事が注目を集めている。また、その地形の上に立つ「団地」や「工場」「巨大ジャンクション」など、近代都市の営みを愛おしむまなざしが共感を呼んでいる。これらは私たちに21世紀的な都市の見方、感じ方、楽しみ方を提示し、その上に建つ建築のあり様をも問いかける。
本書では、ランドスケープアーキテクト石川初(いしかわはじめ)のフィールドワークの視点を紹介。私たちが日常を過ごしている街、行ったことのある都市、知っている世界も視点やスケールを変えて見ると、そのたびに鮮やかに、異なる姿をして現われる。「地形」「地図」「時間」「境界」「庭」のキーワードをもとに、都市の新しい読み解き方や発見の方法を探る一冊。bilingual。


This book introduces landscape architect Hajime Ishikawa’s field work perspective. Taking the keywords “topography,” “map,” “time,” “boundary,” and “garden,” it explores new ways of understanding the city and new methods of making discoveries.

【目次】

序 YOU ARE HERE ― 自分の位置をマッピングすること 010


第1章 地形のスケール 014

等高線の彩色、地形を擦り出す地図
アナログなデジタル化 ― コンター模型
平野の由来
モザイク地形 ― 地面の都市化
ニュータウンの丘陵
構造物の「地形認定」
地面の年輪
歴史的痕跡としての微地形
ジャンクション
地形としての埋立地
地面の不可視化と地形の憑依
水の都市、水の自然
散水システムと排水システム
国分寺崖線
生存単位としての流域
冬の地形
地形を眺める速度
用水路の孤独
身体の運用に現われる地形
残存する微勾配


第2章 地図のスケール 040

地図のルール、地面のルール
地下鉄の地図、インフォグラフィクス、皇居の表示
路線図がもたらす都市の地理感覚
鉄道と道路 ― つり革の都市と美空間
ナビゲーションとマッピング
日常のログ、地面の記録
GPSログの逸脱
ネコログ
時層地図 ― 現在地、現在時間
ダイアグラムと地図 ― バスの路線図
どこにでもありそうな、どこにもない街
「地図にないもの」の地図
さまざまな地図、ひとつの場所
ひとつの地図、さまざまな場所
See something or say something
制度としての空中に残る道路
軌跡ログに表われるインフラのスケールと速度
地上のスケール ― 実寸の地図
表示範囲の枠の大きさとしての地図の縮尺
農地 ― 地形コンシャスな土地利用


第3章 時間のスケール 066

地質学的時間感覚
温室が作る時間
園芸の楽しみ ― 時間芸
植物の「時差ボケ」が映し出す、遠い原産地の季節
ソメイヨシノの時間
音声散歩「15分前の街」
時層写真
時間の単位、時間の形
ブランコの時間性
「徒歩20分」、距離を時間に置き換えて共有する
現況植生図が示すもの
地図の時間
早回しの干潟としての下水処理場
変わらない風景に託した記憶
時間の地形グラフ
時空時間
素材と構造の時間の齟齬
なぜ古いものは深く埋まっているか
正しい時刻、動かない時計
Triptrop NYC。時間のマッピング


第4章 境界のスケール 090

境界を持った領域としての「水平な床」
地球上のさまざまな「水平」
外部から見た都市
生け垣 ― たゆまぬ境界の維持
私道の論理 ― オープン外構を支えるクローズド街区
都心の里山 ― 原宿駅の林緑部
ベンチの周辺性
乗り換えのバリア
境界線のマーキングとしてのペットボトル
帰化植物
静かな、生温かい共有関係
小規模な仮設建築としての傘
夜景としての都市
ランドマーク ― 東京スカイツリー
空調 ― 電気仕掛けの防波堤
雨がかからない領域
蚊のセキュリティ ― 網戸について
「黄色い線の内側」について
移動する身体と荷物
免震という境界


第5章 庭のスケール 114

都営スタイル
パーソナル・ナショナルガーデン
裏庭のコミュニティ
植栽基盤単位としての植木鉢
原風景の陥穽
7人の小人問題
ガーデニング ― 自然との終わりなき葛藤と屋外空間の「最適化」
「人工地形」が封印する土地の歴史
森という「外部」
「消えた園芸植栽図鑑」
シマトネリコの時代
地震への身構えによる地面との接続
農地の多様性、周辺環境の多様性
工場を観賞するように
テーマパークとしての緑地都市
風景の切実さと個人的な時間
取るに足らないものたちの観賞ガイド


略歴 142

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.