LIXIL 出版



建築のちから


藤森照信 21世紀建築魂 ― はじまりを予兆する、6の対話 ―


同じシリーズの書籍を探す


藤森照信 21世紀建築魂 ― はじまりを予兆する、6の対話 ―

藤森照信 著
本体価格 2,100円(税抜き)


228頁 天地 220mm×左右 150mm 並製
ISBN 978-4-87275-156-7
2009年6月30日発行

「建築のちから」シリーズでは、伊東豊雄、山本理顕、藤森照信の3人が、建築が直面している問題をとらえ、建築の読み解き方と可能性を探る。
シリーズ第一弾は、藤森照信が注目する6組の若手建築家たちと対話を重ねる。建築家たちは今どこにつくる動機を置いているのか。モダニズム建築の“透明で白い箱”からどう逸脱していけるのか。そして、対話のすえに藤森がとらえた21世紀建築のはじまりの予兆とは。
巻末に伊東豊雄、山本理顕との鼎談も収録。若手建築家の6作品を写真家・藤塚光政による撮下し写真で掲載。





■目次構成


* 論考: この先には何があるのか   ―― 藤森照信


* 写真:
 ・  スウェー・ハウス
 ・  菅野美術館
 ・  光の矩形
 ・  蟻鱒鳶ル
 ・  Base Valley 
 ・  屋根の家


* 建築資料


* 対談:
 ・  都市のカケラを集めて、建築を作る ―― アトリエ・ワン
 ・  身体/情報/建築 ―― 阿部仁史
 ・  原野の開拓スピリッツ  ―― 五十嵐淳
 ・  一人でコンクリート製バベルの塔をつくる ―― 岡啓輔
 ・  建築は地球の一部である ―― 三分一博志
 ・  建築でライフスタイルをつくる ―― 手塚建築研究所


* 鼎談: 21世紀建築がはじまる  ―― 伊藤豊雄×山本理顕×藤森照信

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.