LIXIL 出版



10+1(Ten Plus One)


10+1 No.45 特集=都市の危機/都市の再生 ―アーバニズムは可能か?


同じシリーズの書籍を探す


10+1 No.45 特集=都市の危機/都市の再生 ―アーバニズムは可能か?

特集執筆/対談 北沢猛、太田浩史、酒井隆史、マイク・デイヴィス、フランソワ・アシェール 他


本体価格 1,500円(税抜き)
B5判変型(227mm×182mm) 並製 236頁
ISBN 978-4-87275-138-3
2006年12月25日発行

政治経済のグローバリゼーション、環境問題、人口構造の変化から転換期にたつ都市の諸問題をふまえ、今後の再生プログラムを探る。
建築家・都市計画家らがかかわる、広島鞆浦、下北沢、横浜・寿町など各地の事例を紹介。
またマイク・デイヴィス他の未邦訳論文や2006年ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展展示テーマ「Cities, Architecture and Society」プレゼンテーション記事も掲載。

特集


 都市再生のアクチュアリティ──北沢猛┼太田浩史│062
 The Actuality of Urban Regeneration──Takeru Kitazawa and Hiroshi Ota


 柏の葉アーバンデザインセンター/UDCK──日高仁│077
 Urban Design Center Kashiwa-no-ha──Jin Hidaka


 「中心市街地活性化」のアーバニズム──中島直人│078
 Urbanism as City Center Activation──Naoto Nakajima


 今日の中国都市計画──鄭波 翻訳校正:二瓶士門│087
 Today’s Chinese City Planning──Zheng Bo


 「影」のデザイン──岡部友彦│095
 “Shadow” Design──Tomohiko Okabe


 下北沢における都市環境と人災│102
 マティアス・センドア・エチャノヴェ 訳:入江徹
 Urban Ecology & Man-Made Disaster in Shimokitazawa──Matias Sendoa Echanove


 歴史的港湾都市・鞆の浦│107
 再生の「まちづくり」の生成──鈴木智香子┼中島直人
 Historical Port City Tomo-no-Ura: Generation of ‘Machizukuri’ for
 Regeneration──Chikako Suzuki and Naoto Nakajima


 「ヴァーチュアリズム」のなかの公園──酒井隆史│113
 Park in “Virtualism”──Takashi Sakai


 余剰人類?──マイク・デイヴィス 訳:篠原雅武│121
 A Surplus Humanity?──Mike Davis


 Cities. Architecture and Society│138
 リチャード・バーデット編 訳:伊藤香織┼篠儀直子
 Cities. Architecture and Society──Richard Burdett ed.


 ユルバニスムをめぐって──松田達│160
 Concerning the “Urbanisme”──Tatsu Matsuda


 移動の意味──近代と機動性│169
 フランソワ・アシェール 訳:桑田光平
 Les Sens du Mouvement: Modernite´s et Mobilite´s──Francois Ascher




 タウトが歩いた東京 1933-1936│179
 斉藤理
 Bruno Taut, Walking in Tokyo 1933-1936
 Tadashi Saito


 『空間へ』《お祭り広場》『日本の都市空間』│187
 ──一九六〇年代における都市論の方法をめぐって
 磯崎新インタヴュー 聞き手:日埜直彦
 “KUUKAN E”, “OMATSURI HIROBA”,
 “NIHON NO TOSHIKUUKAN”
 : On Urban Theory Methods in the 1960s
 Arata Isozaki × Naohiko Hino




連載


 002│都市表象分析……27
 博物誌という遊戯──驚異の部屋としての都市
 田中純
 Series: Analyses of Urban Representation 27
 Play as Natural History: City as Wunderkammer
 Jun Tanaka


 013│『日本の民家』再訪……3
 都市の水面 内郷村再訪
 瀝青会・中谷礼仁
 写真:大高隆
 Series: Revisiting Wajiro Kon’s ‘Nihon no Minka’ 3
 City Surface: Revisiting Uchigo-Mura
 Rekiseikai, Norihito Nakatani
 photo: Takashi Otaka


 031│テクノロジーロマン……1
 第一回:ユニバーサリズムのオブセッション
 ヨコミゾマコト┼山中新太郎
 太田浩史/大村洋平/落合正行/金龍大/
 権藤智之/夏目翔平(イラスト)/見立竜之輔
 Technology Roman 1
 Obsession with Universalism
 Makoto Yokomizo + Shintaro Yamanaka
 Hiroshi Ota/ Yohei Ohmura/ Masayuki Ochiai/ Yong-Dae Kim/
 Tomoyuki Gondo/ Shohei Natsume/ Ryunosuke Mitate


 053│LOCUS SOLUS……9
 ハイナー・シリング
 Series: LOCUS SOLUS 9
 Heiner Schilling

 198│連載……8
 思想史的連関におけるル・コルビュジエ
 ──一九三〇年代を中心に 8
 八束はじめ
 Series 8
 Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 8
 Hajime Yatsuka


 213│技術と歴史……7
 歴史のなかの都市グリッド
 伊藤毅
 Technology and History 7
 The Urban Grid in History
 Takeshi Ito


 225│現代住宅論……2
 建築の四層構造
 難波和彦
 Series: Contemporary House Theory 2
 Four Layers of Architecture
 Kazuhiko Nanba




パサージュ


 037│「悪い場所」にて 15
 美、あいまい、分裂
 新・日本主義と「未生」の美術史──椹木野衣
 At the Bad Place 15
 Beauty, Ambiguousness, and Disruption:
 New Japanese-ism and Art History in Utero──Noi Sawaragi


 039│1990年代以降の建築・都市 21
 ゴースト・イン・ザ・サンプリング・マシーン
 五十嵐太郎
 Architecture and the City after the 1990s 21
 Ghost in the Sampling Machine──Taro Igarashi


 041│音響場試論 2
 音響技術の発達と音響場のメディア化
 安田昌弘
 Acoustic Field Theory 2
 The development of acoustic technologies and
 mediatization of the sound field──Masahiro Yasuda


 043│マゾヒスト映画宣言──前田陽一を再導入する 2
 「イメージ」との契約
 廣瀬純
 Manifesto of the Masochist Cinema: Re-presentation of Yoichi Maeda 2
 Contract with the Image──Jun Hirose


 044│サウンド┼アート┼サイエンス 2
 Regulation──池上高志
 Sound, Art and Science 2
 Regulation──Takashi Ikegami


 046│リアリティについて 6
 多様性──その一──日埜直彦
 About Reality 6
 Multiplicity 1──Naohiko Hino


 048│ダブル・ストーリー 2
 視点の錯綜と親密さ
 「噂の娘」と「T邸」──乾久美子
 Double Story 2
 The Intricacy and Intimacy of Perspective:
 ‘UWASA NO MUSUME’ and ‘T House’──Kumiko Inui


 049│ソーシャルウェアのイノヴェーション・スタディ 2
 mixiとゲーテッド・コミュニティという隠喩
 濱野智史
 Innovation Social-ware Study 2
 mixi and the Gated Community Metaphor──Satoshi Hamano


 051│都市の病理、心理学化する社会 2
 「記述」はなぜ「笑い」とともに
 なされなければならないのか
 斎藤環
 Urban Pathology, Psychologying Society 2
 Why Must a ‘Statement’ be Made
 with ‘Smile/ Laugh’ ?──Tamaki Saito

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.