LIXIL 出版



10+1(Ten Plus One)


10+1 No.40 特集=神経系都市論 身体・都市・クライシス


同じシリーズの書籍を探す


10+1 No.40 特集=神経系都市論 身体・都市・クライシス

編集協力 田中純


本体価格 2,000円(税抜き)
B5判変型(227mm×182mm) 並製 324頁
ISBN 978-4-87275-129-1
2005年9月30日発行

かつてベンヤミンたちが洞察した都市と人間身体の相互作用を21世紀の身体の科学へと結びつける。都市空間の精神病理学や都市と身体のインターフェイスにおける諸現象を考察しつつ、建築・アート・ファッションと都市の身体の現状、可能性を探る、都市論の最前線。

特集
 対談
◇都市の皮膜/身体の皮膜 鷲田清一×田中純
 論考
◇装飾という群衆 ―神経系都市論の系譜 田中純
 翻訳
◇広場恐怖症 ―都市空間の精神病理学 アンソニー・ヴィドラー 訳:川田潤
 論考
◇エンプティ・フェイス ―近代都市計画の精神病理 五十嵐光二
◇探偵、バイオメトリクス、広告 ―『マイノリティ・レポート』にみる都市の時間と空間 門林岳史
◇セクシュアリティの造形力 ―クィア映画の空間原理を出発点に サラ・ティズリー
 翻訳
◇ポストモダン都市とウィルス的主体 ―『荒人手記』 フラン・マーティン 訳:日比野啓
 論考
◇動物化するグラフィティ/タトゥー ―都市/身体の表面への偏執 南後由和
 対談
◇身体の(再)誕生、〈建築〉の場から 荒川修作×小林康夫
 論考
◇抽象からテリトリーへ ―ジル・ドゥルーズと建築のフレーム 石岡良治
 翻訳
◇柔らかい大地 ―テリトリーを備えつける ベルナール・カッシュ 訳:石岡良治
 論考
◇劇場としてのショウ・ウィンドウ 蘆田裕史
◇都市の解剖学 ―剥離・切断・露出 小澤京子
◇都市表象のミクロ分析 ―印象派展時代の油彩画をめぐって 宮坂奈由
◇肉の壁、大地の皮膚 ―クルツィオ・マラパルテの表面への眼差し 嵯峨紘美
◇日本の〈グラウンド・ゼロ〉 ―原爆の表象をめぐって 倉数茂
 フィールドワーク
◇プロジェクションズ ―リサイクル工場を巡る変奏 O.F.D.A.(坂牛卓+中島壮)/平倉圭+土屋誠一/SETENV(入江拓也+井上亮+光岡寿郎)
 特別寄稿
◇憎悪の社会空間論 ―青少年問題を手がかりにして 内藤朝雄
◇東京のエスニシティ  ―「アジアの新宿・池袋」を彷徨う 鈴木久美子

連載
 都市表象分析……22 アハスウェルスの顔 ―都市の生命記憶へ 田中純
 LOCUS SOLUS……4 ハイナー・シリング
 政治の空間学……4 Chap.2 都市に対して「リベラルである」とはどういうことか?1 北田暁大
 連載……3 思想史的連関におけるル・コルビュジエ 一九三○年代を中心に 3 八束はじめ
 CONCEPTUAL 日本建築……5 第五章 関西普請編 黒沢隆
 現代建築思潮[討議] 建築家の有名性の生産、流通および消費 南後由和+成実弘至、日埜直彦×今井公太郎×今村創平×吉村靖孝

10+1 PASSAGE
 「悪い場所」にて 10 再読・石子順造 ―もの派/幻触からマンガを通じ、トマソン、アール・ポップ、日グラ、そしてスーパーフラットまで 椹木野衣
 新しい書き言葉をもとめて 1 「バカの壁」と「踊る社会学者」 仲俣暁生
 ピクトリアリズムの現在 1 鈴木理策《サント・ヴィクトワール山》(前編) 清水穣
 Architecture的/Archive的 1 序説・MMO現実感の誕生 ドミニク・チェン
 新たなコミュニケーションの座標軸 1 共感とテレパシーのあわいで 平田知久
 1990年代以降の建築・都市 16 ユートピアとしての平壌 五十嵐太郎
 リアリティについて 1 便宜的リアリズム 日埜直彦

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.