LIXIL 出版



10+1(Ten Plus One)


10+1 No.32 特集=80年代建築/可能性としてのポストモダン


同じシリーズの書籍を探す


10+1 No.32 特集=80年代建築/可能性としてのポストモダン

編集協力 五十嵐太郎+日埜直彦


本体価格 1,500円(税抜き)
B5判変型(227mm×182mm) 並製 240頁
ISBN 978-4-87275-118-5
2003年9月20日発行

80年代ポストモダンを代表する建築家および理論家達の軌跡を検証することで、可能性と問題点を照らし出す。

特集
 対談
◇ポストモダン 一九六八 ―八九 ―近代批判としての  磯崎新インタヴュー 聞き手|五十嵐太郎+日埜直彦


 論考 
◇八○年代リヴィジョニズム  日埜直彦


 翻訳論文
◇禁止主義の終焉  パオロ・ポルトゲージ 加藤耕一|訳
◇ラ・ヴィレット公園 ―パリ 1982―1983  レム・コールハース 太田佳代子|訳
◇/区分線をねじる/(前編)  ジェフリー・キプニス 川田潤|訳
◇デコンストラクティヴィスト・アーキテクチャー  マーク・ウィグリー 入江徹|訳
 訳者解題  あなたは一体いつまで表現し続けるというのか  入江徹フィールドワーク


 コラム
◇形態表現から物質現前へ ―現代建築の問題構成  勝矢武之
◇動物化する建築  吉村靖孝


 建築MAP
◇60's→80's→00's→……ARCHITECTURE MATRIX  岡部友彦+佐々木一晋+山雄和真

 論考
「最後の啓蒙」「啓蒙の最後」 ―コーリン・ロウ『コラージュ・シティ』をめぐって  丸山洋志


フィールドワーク
 都市はたたる  都市連鎖研究体
 PICNIC FIELDWORK  東京ピクニッククラブ
 大名古屋論 #2 パラサイトアーキてくちゃ  宇野享/C+A+北川啓介(名古屋工業大学)

連載
 都市表象分析……14 帝国と都市 ―方法の問題 田中純
 セヴェラルネス:事物連鎖と人間……1 ペリカン島戦記 中谷礼仁
 filmograph……8 フィルモグラフ 森山大道
 1990年代以降の建築・都市……8 白昼の怪物 ―彼岸と接続されるテレビ<個室<都市<テレビ 五十嵐太郎
 グローバリズム……2 ナショナリズムとその美学化 八束はじめ
 現代建築思潮[オランダ現代建築紀行/討議]─オランダ現代建築をめぐって  今村創平×今井公太郎×日埜直彦×吉村靖孝

10+1 PASSAGE
 「悪い場所」にて 2 U字ポールの無味乾燥に増殖の欲望を 椹木野衣
 蒐集(コレクション)の曖昧な対象 2  蒐集される〈私〉 倉数茂
 景観の視学/史学/詩学 2 東京歩行術 南明日香
 別種の自然 1 熊野本宮新論 千田智子
 ポピュラー文化としての都市空間 1 スケーターのまちがい 矢部恒彦
 都市とモードのフィールドノート 1 ブランド化する建築 成実弘至
 都市ノ民族誌 2 東京フォークゲリラ・ノーリターンズ(別称=昭和残響伝) 小田マサノリ
 中国で内装をつくる 2 五○平米の事務所(後編) 松原弘典+戴長靖

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.