LIXIL 出版



10+1(Ten Plus One)


アジア建築研究


同じシリーズの書籍を探す


アジア建築研究

監修 村松 伸
編集協力 五十嵐太郎、大田省一、大月敏雄、木下光、牧紀男


本体価格 2,800円(税抜き)
B5判変型(238mm×170mm) 並製 325頁
ISBN 978-4-87275-091-1
1999年12月20日発行

日本で行なわれているアジア建築−住宅、都市研究の現在の到達点および問題点を析出して提示する。

世界を巡る、アジアを渉る アジア建築史と都市の構造   三宅理一+村松伸


【図版構成】 アジアン風景 vol. 3    淺川敏


第1章 アジア建築への視線


アジア建築史をいかに構想するか  村松伸
乱反射するオリエンタリズム 世界情報におけるアジアの建築・都市1  五十嵐太郎
アジア都市研究の行方  木下光
建築フィールドワークの論理 デザイン・サーヴェイからフィールドワークへ  牧紀男
建築のフィールドワーク 北タイ・アカの村におけるフィールドワークの経験  清水郁郎
対称軸の形成と移動 日本植民地の神社境内から日本植民地建築論  青井哲人
非/寛容の限界 近代トルコの建築と都市についての言説のなかの洞窟的居住  ギュルスム・バイダール・ナルバントオウル


【居住レポート】
 埋め込まれた伝統[中国・北京]  村松伸
 遊牧と定住、そして私[中国・内モンゴル・フフホト]  包慕萍
 心の住まい[中国・上海]  陸鐘驍
 ボーダーハウジング[中国・珠江デルタ]  萬谷健志
 現代台湾の住宅に「和室」!?[台湾・台北]  青井亭菲┼青井哲人


第2章 国際協力としてのアジア建築

居住の貧困と日本 インフォーマル世界のハウジング  大月敏雄
建築保存への国際協力 変動する社会での「保存」とは  大田省一
アジア建築留学生と日本 日本の建築教育の多様性  牧紀男
アジアでつくる 日本人建築家とゼネコン  木下光
阪神大震災・アジア・貧困 住む場(a place to live)を求めて  寺川政司
建築分野の国際協力 菅野博貢
万物のただなか、空(くう)の中心 日本で建築を学ぶまたは建築で日本を学ぶ  クラパット・ヤントラサー


【居住レポート】
 保存への意思[ヴェトナム・ハノイ三六通り地区]  大田省一
 はるかなるサイバー未来都市へ[マレーシア・クアラルンプール]  宇高雄志
 美しい意匠をまとった複層都市[シンガポール]  菊地雪代
 スラバヤのカンポン縦断[インドネシア・スラバヤ]  山本直彦


第3章 アジア建築の現在


アジア・メディア・オリエンテーション 世界情報におけるアジアの建築・都市2   五十嵐太郎
民族建築世界「民族建築」からの脱皮を目指して  栗原伸治
アジアにおける公共住宅供給 東アジアを中心に  大月敏雄
アジアの現代建築を分析する   村松伸
建築とグローバリゼーション  レム・コールハース
アジアにおける建築ネットワークの設立 アジア西太平洋都市保存ネットワーク   クー・サルマ・ナスティオン
北京実践 中国の現代建築の方向をさぐる  張永和
シンガポールの都市と建築の諸相  中沢信一郎


【居住レポート】
 ガーデンハウスの行方[インド・マドラス、ニューデリ]  山根周
 汚濁と豪奢の都市[トルコ・イスタンブル]  青木美由紀
 カイロの都市生活と住宅事情[エジプト・カイロ]  城戸美和


ネットの中のアジア建築 インターネットからアジア建築が見える?   泉田英雄


アジア建築・都市年表   村松伸+中沢信一郎

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.