LIXIL 出版



10+1(Ten Plus One)


10+1 No.16 特集=ディテールの思考 テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義


同じシリーズの書籍を探す


10+1 No.16 特集=ディテールの思考 テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義

編集協力 五十嵐太郎


本体価格 1,500円(税抜き)
B5判変型(227mm×182mm) 並製 248頁
ISBN 978-4-87275-087-4
1999年3月10日発行

柱、壁、窓、基壇などさまざまな単位から構成されている建築の小さな部分を注視して建築全体を考察する。

特集
[インタビュー]
 透明なディテール 建築の消去作業としてのデザイン  伊東豊雄 (インタビュアー 槻橋修)


[批評]
 善悪の彼岸 OMA/レム・コールハースのディテール  上原雄史+塚本由晴
 語りかけるディテール  マルコ・フラスカーリ
 ミース・ファン・デル・ローエ 柱と壁の系譜  ゲヴォーク・ハルトゥーニアン
 シフターとしてのディテール 後藤武
 Stairway from/to where? ル・コルビュジエの階段について  米田明
 建築部品に宿るもの  佐藤考一


[図版構成]
 首都高速ガイドブック  塚本由晴+香川貴範+小林太加志+長岡大樹+吉村英孝


[批評]
 テクトニック、という視座をめぐる省察  ケネス・フランプトン
 ミニマリズムと装飾主義 二つの近代宗教建築をめぐって  五十嵐太郎
 反近代としての装飾/反表象としての装飾 建築装飾における思想・理論・技術  倉方俊輔
 吉阪隆正のディテール ことばから姿へ姿がことばに  松原永季
 ディテールと伝来  酒井一光
 サイバーアーキテクチャーのディテール  本江正茂
 フランクフルト・キッチン  牧田知子
 日常性と「他者」の空間  メアリー・マクレオード

連載
 都市の断層線/切断線……4 東京の座標系  内田隆三
 非都市の存在論……12 寓意への愛 都市表象分析の方法  田中純
 映像のトポス……4 路上の馬鹿息子 機械の言説そして/または機械状のイメージ  中村秀之
 建築等学会通信 Vol.3
 東京……2    森山大道
 建築の解體新書……3 建築の訓読を巡っての書簡  岡崎乾二郎 + 中谷礼仁
 ラディカリズム以降の建築1960s-1990s……4 チャールズ、チャールズ ポスト・モダンの折衷主義と保守主義  五十嵐太郎
 Urban Tribal Studies……4 ディオニュソス・グラフィティ  上野俊哉


記録
 高山建築学校の方法と軌跡   高山建築学校記録委員会「ロングパス」

10+1 PASSAGE
 映像/写真 3 忘却は都市ゆえに  篠儀直子
 都市の傷痕とRe=publik 3 相互主観的閉所嫌悪  柿本昭人
 建物 記念碑の事情 モニュメントのモニュメントと擬モニュメント  吉村靖孝
 音 3 音の仕上がりの外側で  永渕康之 
 新・都市の下層民 3 電話線の中にいる人々  小倉虫太郎

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.