LIXIL 出版



10+1(Ten Plus One)


20世紀建築研究


同じシリーズの書籍を探す


20世紀建築研究

20世紀建築研究編集委員会 編


本体価格 3,200円(税抜き)
B5判変型(238mm×170mm) 並製 476頁
ISBN 978-4-87275-084-3
1998年10月10日発行

テクノロジー、批評、住宅、プログラミング、資本主義など21のカテゴリーに分類したレビュー、キーワード解説、図版資料などで編年的に辿る「読む事典」。

Introduction 五十嵐太郎
20世紀・都市・建築および諸思想関連年表 南泰裕
世界建築地図 森川嘉一郎


01 建築の終わりの系
退行建築論序説 森川嘉一郎
 

01 ナチス党大会会場 大衆宣伝と映像建築 森川嘉一郎
02 コニーアイランド 遊園地空間の特性と発達  森川嘉一郎
03 電気的迷宮のフォトコラージュ ミラノ・トリエンナーレ68からヴェネツィア・ビエンナーレ96へ  森川嘉一郎
04 日本万国博覧会 前衛の退却 森川嘉一郎
05 ブレードランナー テクノ・オリエンタリズムの発見 森川嘉一郎
06 宮崎勤の部屋 オタク空間とサイバースペース 森川嘉一郎
07 バーバンク・ティームディズニー・ビル 広告価値をまとう建築家たち 森川嘉一郎
08 ビルバオ・グッゲンハイム美術館 表象対象の喪失と建築表現の個人化 森川嘉一郎
09 阪神大震災 戦後日本都市のディコンストラクション 森川嘉一郎
10 サティアン 預言者の建築 森川嘉一郎


02 テクノロジーの系
部分集合体としての建築 佐藤考一


01 大量生産の神話 建築家が見落としたもの 佐藤考一
02 グロピウスの未来予想図 美的統一原理に基づく一般住宅建設会社の設立要綱 佐藤考一
03 最後のナンシー派 ジャン・プルーヴェのクラフトマン・シップ 佐藤考一
04 可能な限り最大の加速度で プロトタイプの複製 佐藤考一
05 1930年代の彼岸 建築家による住宅メーカーの設立 佐藤考一
06 ケース・スタディ・ハウス列伝 彼岸の建築家達 佐藤考一
07 ビルディング・システム開発 工業化の離陸 佐藤考一
08 あなたには<普通>は設計できない 建築家という職能への異議申し立て 佐藤考一
09 モデュールからコンポーネントへ オープン・システム理念の誕生 佐藤考一
10 増殖するコンポーネント ハイテク・スタイルのアプローチ 佐藤考一


03 素材の系 Materials
20世紀における非ユダヤ的なるものとしての素材論 石崎順一


01 シャイニング・ボディとしての建築 物語としての素材=ガラス 五十嵐太郎
02 非イズムとしての表現主義 形態と素材との関係から見た「表現」をめぐる一考察 福田陽子
03 素材の不透明な表面 アドルフ・ロース<ミュラー邸>(1929) 橋本直明
04 インターナショナル・ヴァナキュラーへ向かって アントニン・レーモンドとマテリアリズム 石崎順一
05 白い+タイルの記号学 山田守<厚生省保険業務室庁舎(社会保健庁高井戸庁舎)> 大川信行
06 都市ヴァナキュラーへの戦略 安藤忠雄と石山修武の70年代  石崎順一
07 ルミネセント・ボディとしての建築 アーバン・マテリアルとしての冷光 槻橋修
08 構造(ストラクチャー)から質感(テクスチャー)へ 鉄・ガラス・コンクリートとその後の素材 馬場正尊


04 単位の系
単位の系としての「物体的構造」と単位としての「知覚的構造」 奈尾信英


01 柱 ミース・ファン・デル・ローエ<ベルリン新国立ギャラリー> 奈尾信英+梅澤豪太郎
02 壁柱 菊竹清訓<スカイハウス> 奈尾信英+梅澤豪太郎
03 屋根・天井 コープ・ヒンメルブラウ<ルーフトップ・リモデリング> 奈尾信英+梅澤豪太郎
04 床・折り紙 アレハンドロ・ザエラ=ポロ+ファッシド・ムサヴィ「横浜港国際客船ターミナル案」 奈尾信英+梅澤豪太郎
05 壁 ヘイダック<ウォール・ハウスI,II,III> 奈尾信英+梅澤豪太郎
06 階段 スカルパの作品 奈尾信英+岩谷洋子
07 窓・扉 ヴィトゲンシュタイン<ストンボロー&ヴィトゲンシュタイン邸> 奈尾信英+梅澤豪太郎
08 チューブ構造 SOM<ジョン・ハンコック・センター> 奈尾信英+梅澤豪太郎
09 接合 リチャード・ロジャース<ロイズ・オブ・ロンドン> 奈尾信英+梅澤豪太郎
10 襞 マイケル・ソーキン<ウィード・シティ> 奈尾信英+梅澤豪太郎


05 単位の系II レス建築
何かがない建築 塚本由晴


01 部屋がない! もうひとつの建築 米津正臣
02 基礎がない! 建築の可動性/不動性 香川貴範
03 芯がない! 中空化された構造の働き 美濃部幸郎+吉村英孝
04 枠がない! 枠の二項化=記号化作用 美濃部幸郎+吉村英孝
05 壁がない! 境界による環境分析 美濃部幸郎+吉村英孝
06 窓がない! オブジェ化 増山絵理奈+長岡大樹
07 姿がない! 環境情報の顕在化 川上正倫+吉村英孝
08 設備がない! 空調設備 斉藤千尋
09 柱がない! ランドスケープに広がるストラクチャー 風袋宏幸
10 材料がない! 操作を表現すること 今井公太郎


06 身体の系
散逸する全体性 槻橋修


01 「目」と「手」の弁証法 モデュロール 金塚英雄
02 ガウディの身体スケール コロニア・グエル  坂本知子
03 軽くなる身体と建築のリアリティ 東京遊牧少女の包 坂本知子
04 「ライトネス」と身体 レンゾ・ピアノの現代的屋根 今井公太郎
05 階段/視野と尺度 記号としての苦痛 奥田真也
06 運動が描き出す空間 20世紀の身体運動観 伊藤香織
07 不随性について 荒川修作┼マドリン・ギンズ 樫原徹
08 精神の容器 もうひとつのユニバーサル・スペース 橋本憲一郎
09 ディラー+スコフィディオの香り カップルというセクシュアリティ,または独身者の機械 福屋粧子
10 マンハッタン・トランスクリプト 身体,エロティシズム,パラ・イヴェント 田中大介
11 顔貌 カサ・デル・ファッショ 金塚英雄
12 メドゥーサの劇的仮面 あるいは新しい円環を完成させようとする一匹の蝿の物語 ジン・タイラ
13 主の不在 手,顔,局部 堀井義博+丸橋浩


07 形態の系
形態という問題  後藤武


01 統辞論的建築 建築における超越論的主体の不可能性と不可避性 丸山洋志
02 虚の透明性 建築の現象的存在と実体的存在を区別する根拠について 丸山洋志
03 直感による形態 中世的職人建築家メーリニコフ 山崎楊史
04 タイポロジーと類推的建築 ことばなく「書き綴る」人アルド・ロッシ 丸山洋志
05 マニエリスムと現代 不安定な時代における建築 松田達
06 E=mc2の建築 エーリッヒ・メンデルゾーン<アインシュタイン塔> 田中純
07 忘却され反復される英雄 ジェームズ・スターリングの遺産 岡崎乾二郎
08 ミニマリズムとテクトニクス 自己決定と自家撞着のはざまで 大島哲蔵
09 リチャード・セラ<シフト> 空間の共約不可能性 近藤學


08 引用・批評の系
建築の「デュシャン以後」 森川嘉一郎


01 工業製品の美を超えて マルセル・デュシャンのレディメイド 鷲田めるろ
02 引用について ウォーホル/リキテンスタイン 近藤學
03 アドルフ・ロースのシカゴ・トリビューン設計競技案 永遠のドリス式円柱 横手義洋
04 フィリップ・ジョンソンのスタイル 「私はカメレオンのような建築家である」または「建築家ではない」 福屋粧子
05 <リチャーズ医学研究所> モダニストたちによる歴史的引用 森川嘉一郎
06 建築は学ぶ 圏外の建築へのオリエンタリズム 福屋粧子
07 分裂症的折衷主義 そして,折衷的な,<つくばセンタービル>論 大川信行
08 80年代ニッポン建築の華 石井和紘<同世代の橋> 倉方俊輔
09 ピーター・アイゼンマン 建築におけるテクストの転位的引用について 田中大介
10 最も単純(シンプル)なfeelingヘの果てしない道のり ユーザー参加と建築家の主体 松原永季


09 空間の系 Spaces
表象に抗する空間 後藤武


01 身体空間のサーキュレーション 建築とサーキュレーションの彼岸 五十嵐光二
02  <ミュラー邸> ラウムプランと経験の主体 後藤武
03 ユートピアの記憶 ジュゼッペ・テラーニ「ダンテウム」 田中純
04 記憶のアナモルフォーズ ダニエル・リベスキンド<ユダヤ博物館> 田中純
05 レム・コールハース「フランス国立図書館案」 ヴォイドの系譜学 後藤武
06 スティーヴン・ホール<ヘルシンキ現代美術館> キアズムと感覚の論理 後藤武
07 設計される空間,様相の構築 原広司の「様相論」 槻橋修
08 集中表現としての<未完の家> 切断によって純化されたキューブ 今井公太郎


10 ミース/ル・コルビュジエの系
一般名詞化する2つの固有名詞 堀井義博


01 ル・コルビュジェ<ラ・トゥーレット修道院> 空間と潜在性 後藤武
02 近代建築の新大陸 輸入された幾何学的空間,そして表面について 門脇哲也
03 ピーター・ズントー <事態>の建築家 太田浩史
04 ガラスのスカイスクレーパー ミース・ファン・デル・ローエの初期の建築について 西沢立衛
05 平面と自由 「ドミノ」と<ファンズワース邸> 槻橋修
06 伊東豊雄の透明性 ドミノ・シリーズから「シングル・ラインのル・コルビュジエ」まで 笠原一人
07 パリ,シャンゼリゼのシャルル・ド・ベステギ邸 映画としての建築 棚瀬純孝
08 ドミノにおける斜床 「フランス国立図書館OMA案」と 「ジュシュー・キャンパスの2つの図書館OMA案」 奥田真也
09 マルセイユの<ユニテ・ダビタシオン> 凝固する都市のイメージ 小川次郎

ル・コルビュジエに見る20世紀の建築と文化 森山学


11 住宅の系
『それでも「住宅」は「私」たちによって語られ作られていくという世紀にあってこそ』 山中新太郎


01 セクシーな住宅 篠原一男のエロティシズム 山中新太郎
02 私の家と母の家 母胎建築論序説 五十嵐太郎
03 室内空間の手ざわり 視覚と触覚の交差する部屋 伊藤香織
04 フェイス・フェイム・フェイト メインストリートのならず者 越浦太朗
05 「私」を保障してくれるもの ビルドゥングス・ロマンとしての個室群住居 藤岡大学
06 建築が建築でなくなるとき <中野本町の家> 三好隆之
07 アパートメントハウス 東京における戦前集合住宅の諸相 大月敏雄
08 快楽主義者のための住宅 または現代住宅の快楽的観察について 山中新太郎
09 世紀末住居学 「女性原理」がつくる集合住宅の試み 山中新太郎
10 都市型住居のパラノイア 条理ある疑いの彼方へ 越浦太朗


12 ビルディングタイプの系 I プログラミング
制度=施設の学へ 大川信行


01 欲望供給の自動機械 ロジスティクス・センターの履歴 大川信行
02 シンガポール・チャンギ空港 世界有数のハブ空港 安田結子
03 デザインの多層構造 コンビニの変革 大川信行
04 標的としてのビルディングタイプ 電算センター設計の作法 大川信行
05 ペンタゴンからオン・ディマンドまで オフィス 大川信行
06 ハリウッドのビルディング・タイプ王 銀幕のアルカトラズ 大川信行
07 死の工場 アウシュビッツ以前、以後 飯島洋一
08 <フランス国立図書館> 虚構のヴォリューム 助川剛
09 フランク・ロイド・ライトの《プレイハウス》 学校建築,小さな宇宙 永井理恵子
10 20世紀のキリスト教建築 英国の3つの大聖堂から 加藤耕一


13 ビルディングタイプの系 II/B級BT
B級ビルディングタイプの戦略 建築論の境界条件としてのビルディング・タイプ 塚本由晴

01 空間の圧縮化 人の行き場のない建築 大成優子+長岡大樹
02 「コンビニ」シティ 都市―コンビニ―個人―ものの可逆的関係 柳沢潤
03 マルチレストラン 複製化 塩見理絵
04 スポーツの箱庭化 網篭のヴォリュームと地形の導入 安野彰+勝木祐仁
05 建築の道路化 拡張された身体と建築 川上正倫+吉村英孝
06 高架下複合化 長大建築 久野康広+黒田潤三+長岡大樹
07 アメムチ複合化 メイワク施設の偽装化 黒田潤三+久野康広
08 インフラ・モニュメント 換気塔の現在 笠井誉仁
09 公園化 虚のビルディング・タイプ 川上正倫


14 ランドスケープの系
「景」,リアリズムと「観察者」 山内彩子


01 ローレンス・ハルプリンとフリーウェイ計画 都市環境の改善手段としての道路計画 五島聖子
02 ケース・スタディとしてのプロトティピカル・ガーデン 瀟洒な西海岸:ディズニー,モンロー,ハリウッド 久保田正一
03 オークランド・ミュージアム アメリカン・ネーチャーとモダニズム 山内彩子
04 2つの<環境―建築> 1940年代日本のモダン・デザイン 田中禎彦
05 アーコサンティ エコロジーと建築家 山内彩子
06 ラ・ヴィレット公園 未来の公園 山内彩子
07 裏返る地球 温室の内部と外部 清水裕二
08 キュビストの木 1925年アール・デコ博覧会の抽象庭園 村上修一
09 遠近法,ランドスケープ,ノンサイト  ロバート・スミッソン<螺旋形の突堤> 槻橋修
10 兵庫県立先端科学技術支援センター ハイブリッド・コンポジション? 山内彩子


15 都市/アーバニズムの系
変化する多面体(Polyhedron)としての都市 奈尾信英


01 首都/ベルリン 西と東 奈尾信英
02 20世紀の新首都 モダニズムの都市計画再考 木内俊彦
03 都市パターン/産業化時代 資本主義的あるいは有機的な都市計画 奈尾信英
04 ニュータウン,ミルトンケインズ 20世紀都市計画,その挑戦の跡 木内俊彦
05 フランスのヴィーユ・ヌーヴェル サン・カンタン・アン・イヴリーヌを通してみる新しい郊外都市の可能性 安田結子
06 メトロポリス/シカゴ 「ブラックベルト」の形成史 奈尾信英
07 都市のなかの女性/グラスゴー,ベラクルス 都市闘争 奈尾信英
08 都市の保存 ウルビーノ 岩谷洋子
09 インナー・シティ/ロンドン ジェントリフィケーション 奈尾信英


16 アンビルトの系
アンビルトの召喚 後藤武


01 「雲の鐙」 アクソノメトリーと空間の変容 後藤武
02 全面建築のヴィジョン ブルーノ・タウト「アルプス建築」 田中純
03 虚のファルス ミース・ファン・デル・ローエ「ガラスのスカイスクレイパー」 田中純
04 マンハッタンの子宮 ヒュー・フェリス『明日のメトロポリス』 田中純
05 未来像のリアリティ イメージ,メディア,想像力 松田達
06 無根拠な奇想 アルド・ロッシ「類推的都市」 田中純
07 廃墟とユートピア 他者との距離を隠蔽し,そのなかに身を隠す磯崎新 松田達
08 歴史に降り立つ境界線 記憶を切開する空間 南泰裕
09 ビットマップ・アーキテクチャー サイバースペースのアンビルディング・タイプ 助川剛


17 資本主義世界の系 アメリカ
自動車とスペクタクルの社会がもたらしたもの 五十嵐太郎


01 大富豪と女性建築家のパイオニア ジュリア・モーガンのハースト城 五十嵐太郎
02 メトロポリスの摩天楼1900―30 大衆の時代のイコン 大嶋信道
03 「強いアメリカ」のあいまいな建築家 2つのニューヨーク世界博とW・K・ハリソンをめぐって 五十嵐太郎
04 アニメーテッド・ユートピア いかにディズニーランドは語られたか?  五十嵐太郎
05 ハイウェイとサバービア ドライヴ・インの建築と量産住宅 五十嵐太郎
06 経済原理と保存戦略 消費国家アメリカ 梅津章子
07 ラスヴェガスの60年代と90年代 死へと向かう果てしなき欲望と消費の街 五十嵐太郎


18 社会主義世界の系
アナザー・メトロポリス 松原弘典


01 モスクワの尖塔形式の高層建築 スターリンの都市建設 松原弘典
02 平壌の建築 「ウリ式」建築 慎貞吉
03 <人民宮殿>,ブカレスト,ルーマニア ルーマニア社会主義共和国崩壊のモニュメント  木下壽子
04 北京50年代の<十大建築> 毛沢東時代の歴史証言 楊元宜


19 アジア/アフリカの系
ポストコロニアル時代の資本と建築 五十嵐太郎


01 旧朝鮮総督府庁舎の撤去 建物の撤去と政治的共同体 禹東善
02 南アフリカ共和国の近代建築 白欧主義の摩天楼 濱中直樹
03 アルジェとル・コルビュジエ 地中海,オリエンタリズム,対話 森山学
04 ハノイの帝冠様式 建築からの「地域」への視線 大田省一
05 エジプトの建築家ハッサン・ファトヒーの挑戦 泥と自然の建築 城戸美和
06 ひまわりとヘビ イスラエル幾何学建築の行方 横山武志
07 丹下健三のアジア,アフリカでの仕事 建築と権力の間で 松原弘典
08 アジアのスラム 明るいスラム,暗いスラム 牧紀男
09 アジアの公共集合住宅 韓国と台湾を中心に 大月敏雄
10 九龍城 もうひとつの香港物語 木下光
11 アジアの超高層 コピーというポストモダン現象 木下光
12 マレーシアの新首都計画と華人建築家 ワワサン2020とトロピカル・アーキテクチャーの構想力 中沢信一郎
13 アジアの都市国家シンガポール シンガポールの建築家群像 中沢信一郎
14 中華ポストモダン 建築家,李祖原と中華ポストモダン 中沢信一郎
15 ヴェトナム・フエ・グエン朝京城の保存・修復計画 ユネスコ世界文化遺産保存 中沢信一郎


20 リージョナリズムの系
周縁化,脱中心化,形式化の視座から 横手義洋


01 古典主義的合理主義の展開 歴史的様式の再解釈 横手義洋
02 ナショナル・ロマンティシズムの夢 <コペンハーゲン市庁舎>と<ストックホルム市庁舎> 大嶋信道
03 モダニズムと伝統 ジャイルズ・ギルバート・スコットとアルベルト・サルトリス 横手義洋
04 韓国の伝統論争 1960年代と2つの博物館とをめぐって 禹東善
05 建築における「土着性」をめぐって 失われた主題の模索 浅見雅之
06 集落 自己言及へ向かう「建築」と,デザイン・サーヴェイのゆくえ 槻橋修
07 風水 風水は都市・建築とどう関わるのか 村田あが
08 アガ・カーン建築賞 現代のイスラム社会と建築 城戸美和
09 へん愛の建築史学 伊東忠太「法隆寺建築論」 倉方俊輔
10 周縁的実践 フランプトンの批判的地域主義 岡田哲史
11 混血者のリージョナリズム リカルド・レゴレッタの<マナグアの聖堂> 太田浩史
12 修復はデザインの一要素である 歴史的建造物へと向かったイタリアの4人の建築家たち ウーゴ・ミズコ


21 世紀の終わりの系
「日本」建築をめぐって 五十嵐太郎+石崎順一


01 国家神道の建築 靖国神社と明治神宮 五十嵐太郎
02 帝冠様式 建築の「日本精神分析」 青井哲人
03 植民地と大東亜建築 1940年代前半の建築観とアジア 青井哲人
04 戦後思想としての廃墟 <原爆ドーム>,痛みの表象 南泰裕
05 「保存」という聖域と宙吊りにされる伝統 建築保存にみる二重の「日本」 清水重敦
06 皇居建築と「日本」論の行方 はたして建築は国民化されうるか 青木祐介
07 戦後における新宗教の建築 もうひとつの近代と伝統のあいだ 五十嵐太郎
08 「ニッポン」の建築家・丹下健三 伝統とモニュメンタリティを追い求めて 津村泰範
09 伝統論争 ジャーナリズムとしての「縄文 vs 弥生」 米山勇
10 国家的デザイン,という欲望のゆくえ 国家と建築のディスコミュニケーション 南泰裕


20世紀建築研究年表 赤松加寿江+川上正倫+北見啓輔+土井伸朗+松田達+鷲田めるろ

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.