LIXIL 出版



10+1(Ten Plus One)


10+1 No.14 特集=現代建築批評の方法 身体/ジェンダー/建築


同じシリーズの書籍を探す


10+1 No.14 特集=現代建築批評の方法 身体/ジェンダー/建築

編集協力 五十嵐太郎


本体価格 1,500円(税抜き)
B5判変型(227mm×182mm) 並製 272頁
ISBN 978-4-87275-083-6
1998年8月10日発行

80年代以降顕著になった新しい建築と批評のあり方や、身体/ジェンダー論を内在させた建築論に言及する。

特集
[鼎談]
 現代建築批評の方法 ジェンダー・人間中心主義批判・表象文化論・精神分析をめぐって  土居義岳+後藤武+五十嵐太郎


[批評]
 批評と盲目性  後藤武
 現代建築批評の方法と視点 批評のモード  米田明
 建築批評は必要ない  飯島洋一
 構成と批評 建築に内在する他者をめぐって  南泰裕
 モノとしての批評性と現在 フラヌールに化けぬこと  岡田哲史
 ズーム・バック・イン・トーキョー  塚本由晴
 二元論と反復と逸脱の作法 戦後建築ジャーナリズムに見る建築批評の構図  田中禎彦
 現代建築批評の方法論  青井哲人
 シンク(sink)にて アブジェクシオンの建築  ナディール・ラーイジ & D.S.フリードマン
 クローゼット、衣服、暴露  ヘンリー・アーバック
 メンズ・ルーム  リー・エードルマン


[図版構成]
 身体劇場 形式と空間  槻橋修+笠置勇星+岡由実子


[批評]
 なぜ建物ではなく女が装飾されねばならないのか アドルフ・ロースをめぐる諸考察  ジョージ・ハーシー 
 テルプシコラの神殿、あるいは「女性の空間」 一八世紀末パリにおけるデルヴィユ嬢の場合  土居義岳
 鏡像 第二次世界大戦以降のアメリカ建築における、技術、消費とジェンダーの表現  ジョアン・オックマン
 顔の喪失  アンソニー・ヴィドラー 
 視覚を(が)開く 電子情報時代の建築   ピーター・アイゼンマン


[対談]
 建築の新たなフレームの構築 表現・技術論、近代主義批判を通して  岡崎乾二郎+中谷礼仁
 映画と建築の接線  海洋性をめぐって  鈴木了二+小林康夫


[図版構成+論考]
 黒の表象 黒をめぐる博物誌/アフリカン・アメリカン・アーキテクトの憂鬱  五十嵐太郎+斉藤理


[批評]
 フリーズフレームス 写真と建築の横断線  福屋粧子
 「第三機械時代」のアルケミー 白・銀・透明をめぐるサブ・クロニクル  吉村靖孝

連載
 都市の断層線/切断線……2 資本の地層 身体・空間像の変容  内田隆三
 非都市の存在論……10 エクリチュールの夢魔 漢字という(ス)クリプト  田中純
 映像のトポス……2 群衆のなかの道化 『群衆』(一九二八)における言説とアレゴリー  中村秀之
 建築等学会通信 Vol.1
 大阪……2    森山大道
 ラディカリズム以降の建築1960s-1990s……2 D+Sの変タイ建築論 ポストヒューマニズムの身体へ  五十嵐太郎
 Urban Tribal Studies……2 今日のシャーマニズム  上野俊哉

10+1 PASSAGE
 映像/写真 1 建築と映画あるいは映画館の思考  北小路隆志
 都市の傷痕とRe=publik 1 病理的なものの転倒  柿本昭人
 オルタナティヴ・スペース 1 自律的な居場所としての(サイベリア)  木村重樹
 書物 1 記号を解読しないということ 藤沢周『境界』の都市像  南泰裕
 新・都市の下層民 1 路上生活者  小倉虫太郎
 音 1 都市の「音」/「耳」の論理  小沼純一

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.