LIXIL 出版



シリーズ一覧

LIXIL出版の刊行書籍のシリーズ別の一覧です。

建築作品集


建築家・坂本一成の世界

建築作品集

建築家・坂本一成の世界

著者:坂本一成・長島明夫
建築家・坂本一成の50年におよぶ仕事を網羅した作品集の決定版。 この作品集では、写真や図面などの豊富なヴィジュアル要素に加え、個々の建築に寄り添う細密な解説、そして様々な時代における坂本自身の言葉や他者の批評を断片として散りばめることで、坂本の建築の実像を浮かび上がらせようとしています。 坂本の建築は一つの視点の写真だけで表せるものではありません。 その建築のあらゆる部分は、他の部分、あるいは全体、さらには敷地を超えた世界と響きあうなかで成り立っています。 様々に異なる要素が多様な関係を持ちながら共存する、それこそが坂本一成の建築的世界だと言えるでしょう。 本書の構成は、そんな坂本の建築の在り方と呼応しています。 巻頭・巻末には、名作《House SA》《宇土市立網津小学校》の今の日常の姿をみずみずしく撮り下ろした写真を掲載。未完の作品も含む全作品歴、メディア掲載歴も完備した、坂本一成の建築を知るには必携の一冊です。


JUN AOKI COMPLETE WORKS |3| 2005-2014

建築作品集

JUN AOKI COMPLETE WORKS |3| 2005-2014

著者:青木淳
注目を集めた≪青森県立美術館≫の竣工から10年、本書では青木淳のこの10年の作品と思考をまとめます。2014年には≪大宮前体育館≫や≪三次市民ホール≫という、青木の新たな建築の可能性をしめす作品が竣工しました。この2作品に結実する10年は、リーマンショックと東日本大震災をはさみ、先に進むために自身の活動を振り返る時間でもあったと青木は語ります。いま改めて、デザインとはなにか。 初期の重要作品である≪御杖小学校≫(1998)≪馬見原橋≫(1995)の現在の姿もあわせ、作品とテキストから青木淳のこの10年の探求をたどります。写真家・鈴木心による撮り下ろし作品写真、多数掲載。デザイン、菊地敦己。一部バイリンガル。


物質試行49 鈴木了二作品集 1973-2007<br>Experience in Material 49: Ryoji Suzuki Complete Works 1973-2007

建築作品集

物質試行49 鈴木了二作品集 1973-2007
Experience in Material 49: Ryoji Suzuki Complete Works 1973-2007

1973年からスタートした建築家・鈴木了二の物質試行シリーズは、2007年の現在、48までを数えている。本書では、映像や美術の領域にも踏み入りながら制作活動を行なう鈴木氏の思考と試行の集積である物質試行全作品を、230点を超える作品写真と論考によって追っていく。 鈴木了二初の完全作品集。バイリンガル/日英


青木淳 JUN AOKI COMPLETE WORKS |2| AOMORI MUSEUM OF ART

建築作品集

青木淳 JUN AOKI COMPLETE WORKS |2| AOMORI MUSEUM OF ART

2006年7月に開館した青木淳氏設計の青森県立美術館の魅力を凝縮した一冊。写真家・鈴木理策の119枚の撮り下ろし写真構成(オールカラー)は、建築作品集の枠を大きく踏み越え、あたかも青森の空間を経巡るような感覚をもたらす。「青森県立美術館」をめぐるテクスト3本と写真構成(オールカラー)、建築データ、建築ディテール、この美術館のために開発されたタタキ、ハンチク工法についてまとめた「soil report」等で構成。バイリンガル。


アトリエ・ワン・フロム・ポスト・バブル・シティ Bow-Wow from POST BUBBLE CITY

建築作品集

アトリエ・ワン・フロム・ポスト・バブル・シティ Bow-Wow from POST BUBBLE CITY

アトリエ・ワンの活動はつねに、都市、社会現象、人々の振る舞いなどを観察することからはじまり、それらが建築に関わり変容をもたらす機会を捉え、果敢な実験を重ねているようにみえる。本書では、13年にわたるアトリエ・ワンの活動が捉えた12の「ISSUE(問題)」と「ISSUE」との関係でつくられた建築作品、各種コンペ案、展覧会を紹介していきながら、その思考と制作の足跡をたどっていく。


青木淳 JUN AOKI COMPLETE WORKS|1| 1991-2004

建築作品集

青木淳 JUN AOKI COMPLETE WORKS|1| 1991-2004

建築家青木淳の1991-2004までに手がけた全作品37点を、220枚を超えるカラー写真、バイリンガルテクスト、建築資料で紹介。青木淳の仕事の軌跡と全貌が浮かび上がる初の全作品集。


ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.