LIXIL 出版



シリーズ一覧

LIXIL出版の刊行書籍のシリーズ別の一覧です。

INAXミュージアムブック


つくるガウディ

INAXミュージアムブック

つくるガウディ


著者:田中裕也、日置拓人、久住有生、白石普 、いしまるあきこ、;鳥居徳敏、丹下敏明、北川フラム


炎を操る 刀・やきもの・ガラス ‐1050度、美の誕生

INAXミュージアムブック

炎を操る 刀・やきもの・ガラス ‐1050度、美の誕生


人類は、自在に「火」を熾す方法を身につけ、その熱で物の性質を変え、新たなものを生み出してきました。 その一つ、「土器」は、貯蔵容器や煮炊きの道具となり、液体を運ぶことを可能にしましたが、現在のような固く水が浸透しない器に進化するには数千年の時間を要しました。 なぜなら、原始的な焼成方法では、土が熔け、化学変化を起こす1000度以上の高火度の炎を安定して得ることが難しかったからです。そこで人は、高火度を得るために、炎のまわりに囲いを築き熱をこもらせ、風を立てて酸素を送り、温度を上げる方法を発見し、技術として発展させました。それらが数千年という時間をかけて形になったのが、「窯」「煙道・煙突」そして「鞴(ふいご)」です。 これらの技術により、炎は1050〜1400度に達し、固く焼しめられた陶磁器や刀剣、ガラスが誕生しました。 さらに炎を操る術が進化すると、用を満たすだけでなく、より美しいものへと変貌していきます。高温がくぐり抜けたものだけが持つ力と美、その誕生の術を追います。


素掘りのトンネル マブ・二五穴   −人間サイズの土の空間

INAXミュージアムブック

素掘りのトンネル マブ・二五穴 −人間サイズの土の空間


江戸時代から明治、大正、昭和初期にかけて人力で掘られたトンネルが、中越地方(新潟県)や房総半島(千葉県)に数多く残されています。それらの多くは、新田開発のために、川の流れを変えたり、新たな水路を引く際につくられました。人々の手で掘ることが可能だったのは、適度な柔らかい地層であり、同時に崩れにくい地層で覆われていたからです。現在でもトンネルの天井あたりには、掘られた当時のままの跡が刻まれています。これらのトンネルを中越地方では「マブ」、房総半島では「二五穴(にごあな)」と呼んできました。人と水を通す目的をかなえるために必要最低限の大きさに掘られており、幅は両手を広げるより小さく、高さは背伸びをすると届きそうな空間。しかしそれらは、最先端の技術でつくられる現在のトンネルや地下道とは異なり、手の痕跡と時間の経過によって生まれたやわらかなゆらぎの空間ともとらえることができます。人間サイズの素掘りのトンネルの魅力をご紹介します。


大地の赤 − ベンガラ異空間

INAXミュージアムブック

大地の赤 − ベンガラ異空間


「赤」は人類にとって身近であり、同時に特別な色でした。鳥居や寺院の柱や戸、町屋の格子や壁、仏像、さかのぼれば縄文時代の土器や土偶の多くは元来赤く塗られていたと、近年考えられています。赤は「彩る」ことの始まりから必須の着色剤だったようです。本書は、最古の着色剤の一つ「ベンガラ」をさまざまな角度から紹介していきます。ベンガラは、鉄からできているため入手しやすいこと、そして色が落ちにくく、装飾に加え防腐・防虫としても役立つことから、江戸から昭和初期に日本各地の木造建築の格子や軒先、壁に用いられています。身近な存在でありながら、同時に特別な異空間をつくることができる赤い着色剤。その歴史と製造方法をみながら、日常とは異なる世界へいざなう「ベンガラ」の魅力を紐解いていきます。


雨と生きる住まい−環境を調節する日本の知恵

INAXミュージアムブック

雨と生きる住まい−環境を調節する日本の知恵


日本は世界の中でも降水量が飛び抜けて多い地域に位置しています。雨に接することが多い生活が、雨の細かな違いを捉え、言葉や文学、絵画の中の表現を高度に発達させ、親しむ術を体得させていったのかもしれません。雨は人が生きていくうえで欠くことのできない恵みですが、反面、時には命を脅かしたり、多湿がもたらす悪影響もあります。古来、雨の多い中で、大雨・長雨、湿気に備え、安心して暮らせるための仕組みを考え、日本の建築の中に活かしてきました。茅葺や瓦葺の屋根の傾斜は、その材料を使用しても雨が家屋に侵入することなく、流れやすくするためです。茅葺、瓦葺、檜皮葺・.葺などの屋根、あるいは雨よけの工夫、庇・縁側・雨戸の発達など、日本の家は雨が形作ったともいえます。本書は、1万年以上に及ぶ住まいの歴史から、雨への知恵と工夫をさまざまな観点から論考していく一冊です。


手のひらの太陽 −「時を知る、位置を知る、姿を残す」道具

INAXミュージアムブック

手のひらの太陽 −「時を知る、位置を知る、姿を残す」道具


季節を問わず正午に必ず真南を通る太陽。その規則正しい動きから、古代の人たちは時間を測りました。日時計はエジプトで誕生し、ヨーロッパでは日常に欠かせぬ存在です。また、目印の無い海の上では、自らの船の位置を確かめる唯一の方法が、六分儀を使って 太陽の高さを知りそこから割り出していくことでした。 古代ギリシアでは太陽を観察するために、ピンホールからの投影現象で日食を観察する方法を生み出しました。やがて目の前の景色を手で描き写す道具として、カメラの原点となるカメラ・オブスキュラが誕生します。本書は「人類最初の科学装置」の日時計を中心に、人類が太陽を身近なものとしてとらえ、利用しようと試みてきた歩みと、その知恵の結晶から生まれた3種類の道具を紹介していきます。コラムでは、世界および日本の人たちが太陽をどうとらえたかの考察や、国旗・国章に描かれた太陽など、身近な太陽を多角的に見ていく充実した一冊です。


建築の皮膚と体温  イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界

INAXミュージアムブック

建築の皮膚と体温  イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界


ジオ・ポンティ(1981-1979)は、「イタリアモダンデザインの父」と呼ばれ、ミラノを拠点に世界各国で活躍した建築家、デザイナー、画家、そして編集者です。近年、ヨーロッパを中心に世界各国で再評価が進んでいます。建築家としてのポンティはモダニストでありながら、建築表面(ファサード・外壁、床、窓、壁)の表現を模索しました。工業製品と手仕事を混在させ、また軽さや薄さで動きを感じさせて、建築に皮膚感覚と体温を与えました。この本ではジオ・ポンティの仕事から、建築の次の時代への示唆を読み取ろうと試みます。


日本の白い壁 −石灰がつくり出す多様な世界

INAXミュージアムブック

日本の白い壁 −石灰がつくり出す多様な世界


白い壁のある建物は、いつも特別な存在でした。別名「白鷺城(しらさぎ)」で知られる姫路城をはじめ、法隆寺や薬師寺、唐招提寺など、日本を代表する城郭や寺院の壁は、石灰を原料にした漆喰(しっくい)仕上げになっています。江戸時代の浮世絵に描かれた日本橋周辺に建ち並ぶ蔵も、すべて白でした。 白い壁は、火や水に強いことに加え、明るさと美しさと神々しさを兼ね備たものだったでしょう。原料の石灰は入手しにくい貴重品で、しかも手間のかかる漆喰仕上げの壁は人びとの憧れであるとともに、権力や富の象徴でもありました。 はるか昔から、建物と人を守ってきた白い壁。長く日本の建築になくてはならないものであった漆喰ですが、建築工法の変化から、今はその優れた機能も忘れ去られつつあります。 本書では白い壁が果たしてきた役割、そしてその原料である石灰のこれまで知られてこなかった多様性を美しい写真で紹介していきます。


日本のテラコッタ建築  ―昭和・震災復興期の装飾―

INAXミュージアムブック

日本のテラコッタ建築 ―昭和・震災復興期の装飾―

関東大震災(1923年)後、次々と建てられた新しい建物の外壁を飾ったのは、やきもの製のテラコッタでした。美しい建築写真と、分布マップや年表などの豊富な資料を、鈴木博之、米山勇、大嶋信道、内田祥士ら一線の研究者による解説とともに紹介します。


青  ―空と水とやきものの始まり―

INAXミュージアムブック

青 ―空と水とやきものの始まり―

美しい空や海の青を、手に入れたい―それは人類が古代から抱く願望でした。 現代でも、青はヨーロッパおよび日本において、好きな色として不動の人気を得、衣服やプロダクト製品に広く使われ、企業のコーポレートカラーも青に染め上げられています。本書は、人類が追い求めた青の歴史をふまえながら、その魅力を俯瞰した一冊。


やきものを積んだ街かど ― 再利用のデザイン ―

INAXミュージアムブック

やきものを積んだ街かど ― 再利用のデザイン ―

明治から続くやきものの街、瀬戸、常滑では、“産業廃棄物”となったやきものを塀や壁、家の土台として利用してきました。素材の美しさや積み上げパターンから見る、やきものの街独自の「再利用のデザイン」とは。


泡と湯気 ― 愉楽の発見 ―

INAXミュージアムブック

泡と湯気 ― 愉楽の発見 ―

空気のような当たり前の存在として、気に留めることの少ない「泡」と「湯気」。しかしそれらは、日常の「愉楽」をもたらしてくれます。液体が空気を包むことで生まれる、泡。カプチーノや抹茶、ビールのきめ細かな口あたり。生クリームをあわ立ててつくるムースの食感。立ち昇る泡が舌を刺激するシャンパン……。 泡と湯気のさまざまな一人者が登場し、美しい写真とともに思いおもいに語りながらこの魅力を再発見し、不思議な底力を探ります。


私の小さな森づくり ― 緑の常滑 考現学 ―

INAXミュージアムブック

私の小さな森づくり ― 緑の常滑 考現学 ―

本書は、知多半島を歩き楽しみながら目にすることができる、草花から樹木、雑木林や巨樹のガイドブックであると同時に、この土地の緑を愛し、育んでいる人たちのさまざまな活動を紹介していきます。身近な緑とつき合う方法のアイデアがつまった一冊です。


ゆらぎ モザイク考―粒子の日本美

INAXミュージアムブック

ゆらぎ モザイク考―粒子の日本美

INAXライブミュージアムの企画展「ゆらぎ モザイク考 ―粒子の日本美」にあわせて制作。 「モザイク国家」など、ごく日常の言葉として使われている「モザイク」。本書では身のまわりにあるさまざまなモザイクの現象を迫力ある写真で紹介し、改めてモザイクとは何かを考え、同時にヨーロッパともイスラームとも違う、日本人にとって心地よいモザイクを探っていく。


モノリス 真下の宇宙 ―― 1cm100年の土のプロフィール

INAXミュージアムブック

モノリス 真下の宇宙 ―― 1cm100年の土のプロフィール

INAXライブミュージアムの企画展「モノリス 真下の宇宙」にあわせて制作。 崖や工事現場、採掘場などに現れた土の断面を取り出した、「土壌モノリス」。それは、1cm100年とも言われる壮大な年月がつくった、土の層の標本です。 この本では、神秘的な土壌モノリスを美しい写真で紹介しながら、地球の歴史や気候や自然などをこれらからどう読み解いていくのかをわかりやすく解説します。 あわせて、土の層が生み出した風景、食べ物など、身近なようでこれまで知らなかった土壌の魅力の数々を掘り起こします。土を見に行きたくなる一冊です。


染付古便器の粋 ―清らかさの考察

INAXミュージアムブック

染付古便器の粋 ―清らかさの考察

INAXライブミュージアムの企画展「染付古便器の粋」にあわせて制作。濃尾大地震(明治24年〈1891〉)直後、突如現れた染付古便器が、なぜ人びとの心を捉え一世を風靡し、消えていったのでしょうか。なぜ「青と白」による装飾、染付だったのでしょうか。江戸の習俗、やきもの史、文様学、さらには染織などさまざまな視点から、その理由を解いていきます。 また、INAXが収蔵する染付古便器の代表作を紹介しながら、その歴史および体系的な分類を試みます。


水と風と光のタイル ―F.L.ライトがつくった土のデザイン  Water, Wind, Light: Tile Design of Frank Lloyd Wright

INAXミュージアムブック

水と風と光のタイル ―F.L.ライトがつくった土のデザイン  Water, Wind, Light: Tile Design of Frank Lloyd Wright

帝国ホテル旧本館は、20世紀を代表するアメリカの建築家フランク・ロイド・ライト(1867-1959年)の代表作として知られています。建物は、さまざまな装飾が施された大谷石、スクラッチタイルやテラコッタなど、400万個以上の素材によって覆われていました。帝国ホテル旧本館を華麗に飾り、光の透過や、風や水の通り路などを演出したタイルやテラコッタを、「土の造形美」として改めて見直します。


土と水のドナウ紀行 小松義夫&衛子 記憶への旅・ルーマニア

INAXミュージアムブック

土と水のドナウ紀行 小松義夫&衛子 記憶への旅・ルーマニア

ルーマニアに降る雨や雪解け水を集めて流れ、広大なデルタを作り黒海へと注ぐドナウ河。 生命の源・ドナウ河流域で目にした自然の美しさや人々の笑顔、独特な風俗文化など日本ではあまり知られていないルーマニアを、写真家・小松義夫、衛子夫妻の56枚のカラー写真で紹介しています。 本書は、INAXライブミュージアムに2006年10月開館した「土・どろんこ館」で開催される、同名の展覧会に併せて作成されました。リング留めノートブック調の装丁も斬新なライブノート シリーズの第一弾。


やきもの新感覚シリーズ・50人 土と炎の魅力と魔力 50のOBJECTS 1999-2005

INAXミュージアムブック

やきもの新感覚シリーズ・50人 土と炎の魅力と魔力 50のOBJECTS 1999-2005

やきもの表現に新しい感覚を吹き込んできた気鋭の作家50人による特別展<やきもの新感覚シリーズ・50人>は、中部国際空港内セントレアギャラリーにてオープニングイベントとして開催されました。本書はその展覧会図録として、またINAX新創業20周年を記念して刊行。カラー写真やインタビューを元に、戦後やきもの年表も巻末に収録したやきものカタログ。


世界のタイル・日本のタイル

INAXミュージアムブック

世界のタイル・日本のタイル

世界のタイルのガイドブック的なINAX世界のタイル博物館収蔵品カタログ。タイル史略年表なども巻末に収録。


ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.