LIXIL 出版



シリーズ一覧

LIXIL出版の刊行書籍のシリーズ別の一覧です。

LIXIL BOOKLET/自然科学


薬草の博物誌-森野旧薬園と江戸の植物図譜-

LIXIL BOOKLET/自然科学

薬草の博物誌-森野旧薬園と江戸の植物図譜-


私たちの身近な薬、漢方薬。その元になっているのが江戸時代に発展した本草学だ。人々の関心も高く、それを裏付けるように多くの本草書や図譜が出版された。 本書は、精緻な観察眼で描かれた様々な植物図譜と、江戸の植物相を今に残す日本最古の私設薬草園、森野旧薬園とその創設者、森野賽郭が描いた「松山本草」を通して、幅広い本草の世界へと誘う。


科学開講! 京大コレクションにみる教育事始

LIXIL BOOKLET/自然科学

科学開講! 京大コレクションにみる教育事始


幕末から明治における日本は、西洋科学を学ぶことに貪欲だった。京都大学の前身である旧制第三高等学校(三高/1889年発足)は、1869年に化学と物理の学校として大阪に開講した舎密局(せいみきょく)を始まりとしており、科学教育に力を注いでいた。 京都大学総合博物館には、日本における西洋科学の始まりを物語る、これら稀少な三高資料が数多く残されている。本書では、三高由来の物理実験機器や生物標本をビジュアル豊富に展開、実験図や補足説明も加えながら紹介する。近代科学が開花した、明治期の授業を教育道具をとおして追体験する一冊。


海藻 海の森のふしぎ

LIXIL BOOKLET/自然科学

海藻 海の森のふしぎ


海に育つ草・海藻。すぐに連想するのは、昆布やワカメ、海苔などの食料ではないだろうか。実はそれだけに留まらない、海における色彩豊かで不思議な形を持つ多彩な植物なのだ。海藻は地球の創世記を思わせる海の森をつくり、海中生物の生活環境をつくりだしてきた。本書では、あまり知られていない植物としての海藻に注目し、美しく、多様で多彩なその魅力を紹介する。
身近な存在の、知られざる驚きの世界へと導く一冊。


中谷宇吉郎の森羅万象帖

LIXIL BOOKLET/自然科学

中谷宇吉郎の森羅万象帖


「雪は天から送られてきた手紙である」というフレーズで知られる中谷宇吉郎(1900年〜1962年)。雪の結晶の美しさに魅せられ、3000枚もの写真を撮影して研究を重ね、世界初の人工雪をつくり、そのメカニズムを明らかにした科学者だ。 本書では、随筆家でもあった彼の言葉を道しるべに、科学者・中谷宇吉郎の軌跡を図版豊富に辿り、宇吉郎の科学に対する姿勢を浮き彫りにする。


種子のデザイン --旅するかたち

LIXIL BOOKLET/自然科学

種子のデザイン --旅するかたち

植物は子孫を残すために種子をつくる。そのかたちは多様であり、生き残っていくための巧みな戦略のあらわれなのです。本書では国内外の様々な種子のディテールまでを、丁寧に撮りおろした図版で紹介。理にかなったかたちの美しさと、そこから浮き彫りになる、植物たちの慎ましくもたくましい知恵に触れることのできる一冊。


植物化石  ――5億年の記憶

LIXIL BOOKLET/自然科学

植物化石  ――5億年の記憶

5億年前にようやく地上に姿を現した植物。 本書は、子孫を残すため姿や機能を変化させ、はるかな時間をかけ木となり森を作り花を咲かせた植物たちの進化の軌跡を化石から紐解きます。撮りおろしの質感豊かな図版とともに、不思議な美と研究の道のりに触れることで、植物化石の知るほどに深遠な世界へ踏み込む糸口となる一冊です。


考えるキノコ−摩訶不思議ワールド−

LIXIL BOOKLET/自然科学

考えるキノコ−摩訶不思議ワールド−

知っているつもりで実は知らない、キノコを巡るワンダーランド。世界の写真、科学映画、18世紀の版画図鑑、研究者列伝、はては文学・音楽・映画といったイメージの系譜からもキノコの生態と魅力に迫った、新しい視点でキノコをめぐる不思議な一冊。


クモの網  What a wonderful web!

LIXIL BOOKLET/自然科学

クモの網  What a wonderful web!

小さな芸術家であり、あるときは巧みな狩人でもある、私たちの身近にいるクモを改めて見つめ直し、レースのような網がつむぐ幾何学のデザインをご紹介します。


石はきれい、石は不思議 津軽・石の旅

LIXIL BOOKLET/自然科学

石はきれい、石は不思議 津軽・石の旅

昔から美しい石の産地である津軽と、石に魅了され拾い集める達人を中心に、一つとして同じものがない不思議をもたらす石の世界をご紹介します。


小さな骨の動物園

LIXIL BOOKLET/自然科学

小さな骨の動物園

カメやモグラ、コウモリやペンギンといった身近にいる動物の、シンプルで美しい骨の姿や骨取り作業、部分骨のデザインから見えてくる楽しく意外性に満ちた骨の世界をご紹介します。


土泥礼讃

LIXIL BOOKLET/自然科学

土泥礼讃

現代では「価値のないもの」とさえ語られる土泥。しかし人類は、土泥の恩恵で歴史を刻んできた。この土泥の復権をかけ、あらためて土とは何かを見つめなおす一冊。


秘土巡礼  土はきれい、土は不思議

LIXIL BOOKLET/自然科学

秘土巡礼  土はきれい、土は不思議

太古から住まいや道具づくりに利用されてきた土。その土に隠された多用な特性と美しさに「焼いた土」「焼かない土」「土壌見本」から迫り、知られざる神秘的な土の魅力を紹介する。


蜂は職人・デザイナー

LIXIL BOOKLET/自然科学

蜂は職人・デザイナー

朽ち木、葉、泥などの材料を集団であるいは単独で加工し、壁塗りから増築、リフォームまでをこなす蜂は家づくりの達人。変化に富んだ巣の造形や構造を科学的な視点から考察する。


ビオトープ考 つくる自然・ふやす生態

LIXIL BOOKLET/自然科学

ビオトープ考 つくる自然・ふやす生態

bioとtoposの合成語であるbiotopeは、文字どおり「生命が生息する場所」という意味。失われゆく生態系を取り戻すための興味深い試みの可能性を豊富な作例と論考で紹介する。


生きものたちも建築家 巣のデザイン

LIXIL BOOKLET/自然科学

生きものたちも建築家 巣のデザイン

一本の木に多勢で集合住宅のような巣を作るシャカイハタオリドリや、求愛の場にあずまやや塔を作るニワシドリなどの造形と行為から建築へのヒントを探る。


ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.