INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館 INAX TILE MUSEUM

博物館概要
常設展
企画展
研究レポート
タイル・れんがの豆知識

研究レポート


世界のタイル事典 no.6  『錫釉色絵タイルの回帰』

16世紀頃からスペインでつくられた「スパニッシュ・マジョリカタイル」をご紹介します。
近世のヨーロッパを代表するやきもの、イタリア・マジョリカタイルに由来します。このタイルは錫釉色絵のタイルで、錫を加えた釉薬で下地を白く化粧掛けし、色を鮮やかに発色させる技法でつくられています。
この技法は白色の原料に恵まれなかったイスラームの陶工が考案したといわれ、18世紀頃のスペインでは、さまざまな手描きのタイルが盛んにつくられました。
写真は、錫釉色絵タイルを12枚組み合わせた組絵タイルです。キューピッド、楯、冠、花飾り、紋章などが描かれ、戸外の壁にはめ込まれ、使用されました。

[INAX REPORT No.184 より転載] ■掲載誌面PDFをダウンロード pdf_icon_s.gif


YMC07-098-1.jpg
   

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.