INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館 INAX TILE MUSEUM

博物館概要
常設展
展覧会のご案内
企画展一覧
やきもの新感覚シリーズ一覧
展覧会一覧
研究レポート
タイル・れんがの豆知識

展覧会のご案内


企画展(1階 企画展示室:入場券必要)

『I LOVE タイル −タイルがつなぐ街かど』
I love tiles. Let's walk around Japan and see its lovely tiles!

2015年10月10日(土)〜2016年3月20日(日)
ニュースリリースは⇒こちら



チラシ

タバコ屋(兵庫県赤穂市内)


昭和30〜40年代の高度経済成長期には、たくさんの人々が訪れる喫茶店や映画館・銭湯・理美容院・タバコ屋などの店舗に、さまざまな種類のタイルが施工され、防水性などのタイルの機能を活かすほか、人目を引くような装飾が施されていました。
それらは、店の内外を華やかに飾り、店を訪れる人々や近くを通る人々の目を楽しませていました。大都市の表通りは、都市開発の波で、そのような建物は建て替えられ現代的な装いに変わっていきます。それでも、下町や地方都市にその名残がある場所があります。その名残でさえ、現代の自動車社会では、それを認識することは難しくなったようです。
岡崎紀子さんは、会社勤めのかたわら、全国各地のまちを歩き、近・現代建築とともにそこに使用されているタイルの写真を撮影し、アーカイブされている、「建築好き、タイル好き」な方です。それらのたくさんの写真には、歩くからこそ発見できるタイルの使われ方や装飾があります。
本展では、その岡崎紀子さんにご協力をいただき、それらの写真をもとにした展示とともに、そこに使用されているタイルそのものや見本台紙を展示しています。まちを歩きながら、自分の目でいろいろな建物に張られているタイルを発見する、そんな楽しみ方を感じていただきたいと思います。


理容店(広島県呉市)

銭湯(東京都北区)


「みっちゃん、知らない?」という母の声に、近所の人から「○○屋さんの前を歩いていたよ」という返事が返ってくるような、街なかの商店街で育ちました。角地ではなかったけど、奥が喫茶店で、店先にはお菓子とケーキとアイスクリームが並び、そのショーウインドウの脇でタバコ屋を営み、友達からは羨まれるお店でした。珈琲を飲みに来てくれたり、町内遠足で顔見知りのおじさんおばさんたちと挨拶を交わしながら、隣の街そしてまた隣の街へと、街を巡る冒険をしたことが、私の原点になっていそうです。今も相変わらず、街を歩くことが大好きで、「町の宝」を求めて目に映る風景をカメラに収めています。


銭湯(東京都文京区:解体)

タバコ屋(福岡県行橋市)

そのなかでもタイルは、「私を見て」と声をかけてくる存在。けして安くはなかったであろう凝ったタイル。建て主さんの誇らしい気持ちも感じられて、ついさわりたくなります。また、たった1枚残った花のタイルに、どんな建物だったのだろうかと想像すると、タイルがタイムマシーンのようにも感じられたり。同じようなタイルが、同じようなスタイルの店構えが日本各地にあるのも不思議です。
 この展覧会でも、気になる街かどのタバコ屋さんや、お洒落な美容院の建物を見ながら、街歩きの楽しさを、自分の眼で建物を見る楽しさを感じてください。
岡崎 紀子

■岡崎 紀子(おかざき みちこ)
まちかどの近代建築写真展実行委員会。岡山県出身。会社員のかたわら日本中の近代建築をまわり、撮影。その記録をアーカイブ化している。

I love tiles. − Let's walk around Japan and see its lovely tiles!
"Where is Michiko, do you know?" a mother calls. "I saw her walking past the such-and-such store," a neighbor replies. This kind of exchange was typical of the downtown "shopping street" on which I was raised. Ours was not a corner store, but it had a tearoom in back and a storefront show window displaying confections, cakes, and ice cream with a side counter for selling cigarettes, and it made me the envy of my friends. While exchanging greeting with the adults who patronized our tearoom or whom I frequently met on my excursions, I explored the adjacent district, the district beyond that, and yet the district beyond that, and this was the start of my life. I still love to walk about town, even now. Searching out "town treasures," I capture with my camera the scenery I encounter.
Tiles, among the things I see, are something that call to me, saying, "Look at us." Exquisitely made tiles, which certainly must not have been cheap, convey to me the building owner's proud feelings and make me want to stop and touch them. On seeing a single flower tile that has remained, I will feel moved to imagine the kind of building it once belonged to, and the tile becomes a sort of time machine. It seems curious to me that stores of similar styles with similar kind of tiles are found all over Japan.
This exhibition offers that same fun of walking around, stopping to gaze at that interesting corner cigarettes shop or that fancy beauty salon building, and delighting in seeing building with your own eye.


会 期 2015年10月10日(土)〜2016年3月20日(日)
会 場 「世界のタイル博物館」企画展示室
開館時間 10:00am 〜 5:00pm
(入場は4:30pmまで)
休館日 第3水曜日、12月26日(土)〜1月4日(月)
入 場 共通入館券が必要

企画:INAXライブミュージアム企画委員会
展示デザイン:株式会社ゼロファースト デザイン
展示企画:岡崎紀子


会場風景1



会場風景2

会場風景3



会場風景4

会場風景5



【展示タイル】

多彩禁煙文レリーフタイル
(和製ヴィクトリアンタイル)

多彩草花文レリーフタイル
(和製ヴィクトリアンタイル)

瀬戸本業染付鉄彩
こうもり文敷瓦


【関連イベントのご案内】
本企画展に関連して、京都・常滑で街あるきを開催します。

タイル街歩き その1 京都
※終了しました。
※開催報告は⇒コチラ
日時2015年12月19日(土)13:00−15:30
集合場所三条京阪駅(三条周辺を中心に歩きます)
定員20名
参加費 無料(ただし、交通費はご負担ください)
案内人 円満字洋介+岡崎紀子

■案内人:円満字洋介(えんまんじ ようすけ)
修復建築家。京都精華大学、摂南大学、同志社女子大学非常勤講師。街を歩きながら、素敵な建物、美しいタイルについて興味深いお話が聞けます。著書に『京都・大阪・神戸【名建築】ガイドマップ』など。

タイル街歩き その2 常滑
※終了しました。
※開催報告は⇒コチラ
日時2016年2月20日(土)13:00−15:30(受付12:30から)
集合場所INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館
定員30名
参加費 入館料(一般 600円)
案内人 岡崎紀子+磯村司(INAXライブミュージアム

タイルの聖地・常滑を歩きます。世界のタイル博物館(スタッフ解説付)はもちろん、常滑陶の森 陶芸研究所(堀口 捨己1961)なども見どころです。


★申込方法★
予約は、いずれの場合も、10月10日より受付します。
FAX かメールにてお申込みください。
FAX:0569-34-8283  E-mail:event.ilm@lixil.com
参加希望の@京都、A常滑のいずれかと、「氏名・年齢・性別・住所・当日連絡可能な連絡先」を明記の上、お申し込みください
定員になり次第締め切ります。
※キャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。お問合せ:TEL 0569-34-8282
※個人情報の取り扱いについて
○ご記入いただきました個人情報は、イベントでの使用のみとし、株式会社LIXILが、細心の注意をもって管理します。また、お客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示、提示することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。

【関連小冊子販売のご案内】

I LOVE タイル−タイルがつなぐ街かど

小冊子表紙

《図版構成》2015年10月10日発売
オールカラー総22ページ、210×210mm、中綴じ
ポストカード2枚つき、定価 本体760円+税
ミュージアムショップで発売中!

建築好き、タイル好きな女性が、全国各地をまち歩きをして蒐集した建物とタイルの写真。
彼女の琴線に触れたのは、町なかにたたずむ銭湯やタバコ屋や美容院などに使われているタイルたち。
そんな建物やタイルを見ながらの街歩きの楽しさを、自分の眼で見る楽しさを感じてください。

執筆者:岡崎 紀子

■主な内容
・街かどのタイルに耳を澄ませて〜MAP INDEX
・美容院と理容院〜タイルをまとったお洒落の発信地
・銭湯、風呂屋〜湯船から眺めるタイルばかりじゃありません
・映画館、喫茶店・帽子屋・写真館などの商店〜「一国一城」の誇りと個性を表現
・タイル文字〜工夫をこらした名作たち
・[コラム1]タイルホコラ考 中村裕太
・マジョリカタイル〜憧れのヨーロッパの香り
・本業タイル〜舶来の誤解も無理からぬ高貴さ
・[コラム2]津波に耐えたタイルの館〜宮城・石巻「陶芸丸寿かんけい丸」 津村泰範
・タバコ屋〜街かどの特等席のモザイクタイル





LIXIL文化活動Facebook: https://www.facebook.com/LIXIL.culture
ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.