INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館 INAX TILE MUSEUM

博物館概要
常設展
展覧会のご案内
企画展一覧
やきもの新感覚シリーズ一覧
展覧会一覧
研究レポート
タイル・れんがの豆知識

展覧会のご案内


やきもの新感覚シリーズ(1階 企画展示室:入場無料)

第73回 樋口 健彦 展 ―黒い陶―
黒の無限を漂泊し、思考するオブジェ

2008年8月10(日)〜9月4日(木)
※トップページの写真は作品の一部

2008年8月の作家は、神奈川県在住の樋口 健彦(ひぐち たけひこ)さんです。 炭化で煤けたような、鈍色から墨色までの黒の豊饒さで、球体や層状の幾何形体などを制作してきた樋口さんの作品は、うつろう光を呑み込んで、かたちの輪郭ごとに漆黒の深淵があらわれ出たような、静謐な印象があります。

会期

2008年8月10(日)〜9月4日(木)

時間

10:00AM〜6:00PM(入館は5:30PMまで)

第1会場

世界のタイル博物館 1階 企画展示室

第2会場

陶楽工房 陶楽ギャラリー

休館日

8月20(水)


■アーティスト トーク&オープニング パーティー
8月10日(日)※終了しています
5:00〜6:00PM 樋口 健彦さんによるアーティスト トーク
6:30PM〜  オープニング パーティー


真っ黒という色には、無限の諧調があるのかもしれない――樋口さんの、光をほとんど反射しない黒色の球体や四角いシンプルな造形作品を見ていると、そんな不思議な感慨がわきでてきます。



制作のプロセスは、粘土でまず球体をつくりあげ、その表面に無数の穴を開けます。四角い陶板を縦に層状に重ねた作品では、陶板の縁周りに溝を掘り込み本焼成されます。いずれも、冷却で温度が300度程度に下がった段階で窯から取り出し、煮立てた墨汁に浸して表面をバーナーで焦がし墨汁を定着させるという方法を繰り返すことで、独特の黒みが増していきます。




樋口さんの作品は、しっとりとした漆黒の色味から、陶でありながらも一見柔らかく、軽やかな印象に見えてきます。また、表面に凸凹を付けることで辺りの光を吸収し、そこに在るかたちが、光を吸い込んだことで闇の中へと消えて無くなったような印象をも与えます。相互に矛盾し、対立するような関係性に惹かれるという樋口さんは、緊張感を孕み、相反する印象を与える作品づくりを目指しているといいます。





1966年福岡県生まれの樋口さんは、大阪芸術大学と多摩美術大学で陶芸を勉強後、レジデンスプログラムで米国に滞在し制作するなど、国内外に活躍の場を広げています。また現在は、多摩美術大学で後進を指導するかたわら、公共建築物の内壁を手がけるなど、多方面で作品を発表しています。




今展では、板を層状に重ねた作品の原点ともなった約1.8メートルの大作のほか、近作の小ぶりな作品など10点ほどが並びます。

陰影に富んだ樋口さんの作品は、静寂を醸し出して会場に佇みます。光を拒絶した独特なニュアンスの、黒色の美しさをお楽しみください。



[Higuchi Takehiko プロフィール]
1966年 福岡県生まれ
1990年 大阪芸術大学芸術学部工芸科陶芸コース卒業
1992年 多摩美術大学絵画科陶芸専攻研究生修了
1993年 「Artists in Residence Program 」TAMAらいふ21協会 東京
1999年 「Asian Artists Fellowship」Vermont Studio Center, U.S.A.
現在、多摩美術大学非常勤講師
[個展]
1994年 コバヤシ画廊/東京
1995年 GALLERY WHITE ART/東京
1996年 INAXガレリアセラミカ新宿/東京
ギャラリー川船/東京
STUDIO 錦糸町/東京
1997年 コバヤシ画廊企画室/東京
Gallery gen/埼玉
ギャラリー川船/東京
1998年 コバヤシ画廊企画室/東京
エキジビション・スペース 東京国際フォーラム
1999年 ギャラリー川船/東京
Red Mill Gallery/Vermont, U.S.A.
2000年 ギャラリー目黒/目黒
2002年 ギャラリー川船/東京
2004年 ギャラリー三条/京都
2008年 ギャラリー川船/東京
[受賞歴&グループ展]
1989年 「椅子Paradise展-陶による造形」ギャラリー クオーレ/大阪
1990年 「箱展」二ノ宮美術館/大分
1991年 「第20回記念 長三賞陶芸展」奨励賞
1992年 「GROUND ZERO展」スペース21/東京 
「大阪彫刻トリエンナーレ」マイドームおおさか/大阪
1993年 「CERAMIC SCULPTURE 空間考 Part 9」セラミック アート ギャラリー/東京
1994年 「TAMA ART STUDIO展」町田市民ホール/東京
1995年 「Contemporary Ceramic '95」ギャラリー ラランヌ、ギャラリー ル デコ/東京
「Ceramic Works 2人展」ルート ギャラリー/東京
1996年 「Contemporary Ceramics '96」GALERIE ART PRESENT/パリ
2000年 「神奈川 アート アニュアル2000」神奈川県民ホール ギャラリー/神奈川
「フィリップ モリス アート アワード2000」恵比須ガーデンルーム/東京
「They are Square, but Not too Formal.」 Robert Pardo Gallery/ニューヨーク
2004,05年 「Korean International Art Fair」/ソウル
[設置作品 コレクション]
アルゼンチン近代美術館日本の家 アルゼンチン共和国
TAMAアートスタジオ町田
株式会社INAX
Robert Pardo Gallery (N.Y.)
[パブリック]
東京都町田市立博物館
立教大学付属中学高等学校音楽ホール
JRA新潟競馬場 馬主フロア
JALシティホテル宮崎
ラフォーレ新大阪
ホテルCLASKA 東京目黒区
ニチコン本社ビル正面ロビー 京都
四谷タワーゲート

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.