INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館 INAX TILE MUSEUM

博物館概要
常設展
展覧会のご案内
企画展一覧
やきもの新感覚シリーズ一覧
展覧会一覧
研究レポート
タイル・れんがの豆知識

展覧会のご案内


やきもの新感覚シリーズ(1階 企画展示室:入場無料)

第70回 小島 修 展 ―陶塊のきらめき―
まるで地中から噴出したような、陶とガラスの奔流

2008年5月10日(土)〜6月4日(水)

2008年5月の作家は、滋賀県・信楽町在住の小島修さん。
ゴツゴツとした黒い岩塊の隙間から、きらめく青色の奔流が湧き出て固まったような、大地が生み出したような質感と重量感あふれる土の造形です。

会期

2008年5月10日(土)〜6月4日(水)

時間

10:00AM〜6:00PM(入館は5:30PMまで)

会場

世界のタイル博物館 1階
企画展示室&エントランスホール

休館日

5月21日(水)


■アーティスト トーク&オープニング パーティー
5月10日(土)※終了しています
5:00〜6:00PM 小島 修さんによるアーティスト トーク
6:30PM〜  オープニング パーティー


まるで地中から噴出した黒い土の塊と、その隙間から、きらめく青い奔流が流れ出て固まった作品は、幅や奥行きが1メートル、重さが1トンほどあります。黒い塊は陶土で、青色はガラスの輝き。



それは作家にとって、フォルムやディテールを追求することを超えてしまう大きさで、まるで地球のうごめく大地を全身でえぐりとっていく行為のようです。時代の風潮や主義主張、そして作家自身が意図していることさえも超えたいと願って挑んだ大きさですが、どうしても人に手伝ってもらわずに動かし生み出したかったと、小島さんは言います。

本焼したブロック状の土のパーツを、釉薬でつなぎ合わせて積み上げ全体のフォルムをつくり、3回目の焼成でガラスを乗せて加飾し、溶け合わない土とガラスを一体化させた作品づくりを行っています。




1973年福井県生まれの小島さんは、京都精華大学美術学部造形学科で陶芸を始めました。卒業後は国内外の滞在型制作プログラムに参加しながら作品を発表するとともに、国際陶磁器展美濃'05で銅賞を受賞するなど、国内外に発表の場を広げています。
小島さんの作品のゴツゴツとした黒い岩肌の土の質感と、その隙間から噴出のエネルギーを見せる、凝縮された青いガラスのうねりには、この地球から生まれ出たものに対峙しているような、物質のもつ無限さ、計り知れなさが強く感じられます。
今展では、ガラス溜りの中にタイル状の土を沈ませるという、これまでの作品とは対照的な新作も披露していただきます。



自然のエネルギーに満ち溢れる新緑の季節に、地中から噴出したかのような、大地のエネルギーと不思議さに満ちた作品が、会場内にあらわれます。どうぞお楽しみください。




[Kojima Osamu プロフィール]
1973年 福井県生まれ
1995年 京都精華大学美術学部造形学科卒業
滋賀県立陶芸の森に研修生として滞在制作
1996年 京都 宮永東山(理吉)氏のアシスタントとして働く
1997年 アメリカ モンタナ州ヘレナ アーチーブレイファウンデイションに研修生として滞在制作
1998年 アメリカ アリゾナ州立大学に研修生として滞在制作
2002年 滋賀県立陶芸の森に嘱託職員として勤務(2007年3月まで)
[個展]
1995年 ギャラリー紅/京都
ギャラリーマロニエ/京都
1997年 モンタナ州 マラノイセンター/アメリカ
2003年 コンテンポラリーアートNIKI/東京
2005年 ギャラリー陶園/信楽
2007年 京都造形芸術大学 ギャラリーRaku/京都
ギャラリー陶園(第17回秀明文化基金受賞記念展)/信楽
[グループ展 その他]
1996年 滋賀県立陶芸の森陶芸館 森で生まれた作品展
1997年 アメリカ モンタナ州
アーチーブレイファンデイション アニアルレジデンスエキシビジョン
アメリカ モンタナ州
ホワイトフィシュギャラリー アーチーブレイ1997レジデンスショウ
1998年 第5回国際陶磁器展美濃’98 入選
2000年 土岐市 現代茶陶展 入選
2004年 アメリカ ニューヨ―ク ギャラリーミリュー AC DIDN’T FIT IN MY WINDOW
NIKIギャラリー册/東京 書・册あるいは机上空間のためのオブジェ展XI'04
台北縣立鶯歌陶器博物館/台湾  セラミックフェスティバル
2005年 第7回国際陶磁器展美濃’05 銅賞
滋賀県立陶芸の森陶芸館 湖国を彩るやきもの[特別展]滋賀県の陶芸家
2006年 秀明文化財団 第17回秀明文化基金賞受賞
滋賀県立陶芸の森陶芸館 信楽を訪れた594人の陶芸家たち
2007年 ベルギー ゲント セントルカス美術学校陶芸科にてレクチャー開催
笠間市 回廊ギャラリー門
京都造形芸術大学 座談会「現代における陶芸」を開催
[パブリック コレクション]
滋賀県立陶芸の森(創作研修課)
アーチ―ブレイファンデイション
台北縣立陶磁器博物館

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.