INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館 INAX TILE MUSEUM

博物館概要
常設展
展覧会のご案内
企画展一覧
やきもの新感覚シリーズ一覧
展覧会一覧
研究レポート
タイル・れんがの豆知識

展覧会のご案内


やきもの新感覚シリーズ(1階 企画展示室:入場無料)

第68回 ガレリアセラミカの10人展 −2006年セレクション−
2007年9月10日(月)〜10月5日(金)

各回10日(陶の日)にスタートする「やきもの新感覚シリーズ」は、新しい感覚で旺盛な創作活動を続けている作家の作品を紹介する個展シリーズですが、毎年特別展として「INAXガレリアセラミカ」の作家展を1ケ月開催しています。今展は昨年2006年に開催した10人の作品をご覧頂きます。


会期

2007年9月10日(月)〜10月5日(金)

時間

10:00AM〜6:00PM(入館は5:30PMまで)

会場

世界のタイル博物館 1階 企画展示室

休館日

9月19日(水)


■ディレクター トーク&オープニング パーティー
9月10日(月)※終了しています
5:00〜6:00PM ディレクター トーク
6:30〜7:00PM オープニング パーティー


INAXライブミュージアムにおける「やきもの新感覚シリーズ」は、2007年度では4月〜9月迄6回開催し、5人の作家の個展と1グループの展覧会をご覧いただいております。その1グループとは、「INAXガレリアセラミカ」(東京)の前年度企画作品を展覧します。「INAXガレリアセラミカ」(東京)は、若手作家の初個展を開催することの多い場ですが、13年が過ぎ、その参加者からは、会場も広く豊かな経験を必要とする「やきもの新感覚シリーズ」での個展を開催できる作家が増えています。INAXが26年間継続してきた現代美術の展覧会をベースに、「INAXガレリアセラミカ」、「やきもの新感覚シリーズ」と独自の視点で清新なやきもの作品を応援しています。



「ガレリアセラミカ」は1ケ月毎に1人、1年に約11人の個展を開催して131回目を迎えます。美術大学の卒業・修了制作や窯業学校、意匠研究所、公募展発表などを幅広く取材し、独創的造形で土ややきものの素材に向き合っている新鋭作家を探してきました。多くの作家に広く場を開放したい趣旨から、賞でいえば新人賞のような、1人1回開催を原則に継続してきました。そして、前年度個展終了作家のグループ展をここにまとめて開くものです。



2006年の作家は以下10人です。毎年、通年すると一種の傾向が見られるものですが、2006年はそれぞれがすでに自分のスタイルに向かいつつある、腰をすえた制作のように感じられました。主催する私たちの事情で会場を途中で変更したこともあり、卒業して数年陶芸を続けてきた作家の清冽さを残しながら、完成度の高まった作品に惹かれました。




■1月 河上奈未展 −陶俑ムーヴィング−  太極拳をモチーフにした劇画的陶の人体
■2月 鈴木卓展 −黒錆の陶 ひらくかたち− 黒錆肌の天に向かい四方に開くオブジェ
■3月 すずきたもつ展 −陶 芽吹くかたち− モノクロの蕾や枝など植物形のオブジェ
■4月 御笹朋子展 −10000陶片の彼方− 1万個のクレイキューブによる空間構成
■6月 竹内紘三展 −破陶のキューブ− 白磁の積層造形のエッジを叩き割った作品
■7月 畑絢子展 −ツキノハナの陶景− 幻想的な儚い白磁の花が、空間にゆれる
■9月 岡林葵展 −包まれる陶磁形− 白磁の紐をクロスさせたロープ結びの緊張感
■10月 山口紗矢展 −白い陶 青の痕跡− 珊瑚と海がモチーフの清涼感溢れる塊
■11月 高田美智子展 −陶織 やわらかな形− 陶土でつくる精緻な布のかたち
■12月 村田佳穂展 −表象系陶類− 作家の想像が作り出した仮想生物のオブジェ



作家プロフィール
[河上 奈未]
1973年 兵庫県生まれ
1997年 京都市立芸術大学美術学部工芸科陶磁器専攻卒業
2006年 京都府美術工芸新鋭選抜展〔京都文化博物館〕
個展 ラジオタイソウ〔ギャラリー島田/神戸〕
2007年 兵庫の陶芸〔兵庫陶芸美術館〕
やきものの行方(陶二人展)〔gallery Jin /東京〕
[鈴木 卓]
1977年 埼玉県出身
2000年 早稲田大学建築学科卒業
2004年 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所修了
2005年 菊池ビエンナーレ優秀賞
2006年 個展〔ギャラリーこうけつ/岐阜〕
2007年 個展〔サボア・ヴィーブル/東京〕
[すずき たもつ]
1971年 香川県生まれ
1999年 東京藝術大学大学院工芸(陶芸)専攻修了
2000年 益子陶芸展入選(2002、2004)
2001年 朝日現代クラフト展奨励賞受賞
2005年 日本陶芸展優秀作品賞受賞
国際陶磁器フェスティバル美濃'05入選
[御笹 朋子]
1977年 福岡県生まれ
2002年 個展〔ギャラリーマロニエ/京都〕
2003年 大阪芸術大学大学院 芸術制作研究科修士課程(陶芸)専攻修了
2005年 個展〔山辺道文化館/久留米〕
2006年 個展〔新宿INAXガレリアセラミカ/東京〕
ふなばし現代美術交流展'06ひかりあるところで〔船橋市民ギャラリー/千葉〕
[竹内 絋三]
1977年 兵庫県生まれ
2001年 大阪芸術大学芸術学部工芸学科陶芸コース卒業
2003年 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所修了
2005年 第27回長三賞現代陶芸展前衛部門奨励賞
2007年 個展〔ギャラリー介/東京〕
アートフェア〔SOFA NEW YORK 2007/アメリカ〕
[畑 絢子]
1976年 京都市生まれ
2001年 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修了
2003年 第41回朝日陶芸展秀作賞
2005年 第3回世界陶磁器ビエンナーレ入選
2006年 個展(イムラアートギャラリー/京都)
2007年 個展(TONG-IN Gallery,Seoul/韓国)
[岡林 葵]
1973年 兵庫県生まれ
1999年 大阪芸術大学大学院芸術制作研究科陶芸専攻卒業
2002年 個展〔アメリカ/フロリダ・オレゴン〕アーティストレジデント招待参加
2004年 個展〔新宿INAXガレリアセラミカ/東京〕
2005年 グループ展〔ギャラリー島田/神戸〕
2007年 グループ巡回展〔ギャラリーマロニエ/京都・ワコール銀座/東京〕
[山口 紗矢]
1978年 京都生まれ
2001年 京都精華大学芸術学部造形学科陶芸専攻卒業
2002年 個展〔ギャラリーマロニエ/京都〕
2003年 京都精華大学院芸術研究科造形専攻修了
2004年 京都府美術工芸新鋭選抜展
2005年 第7回国際陶磁器展美濃入選
個展〔ギャラリーマロニエ/京都〕
[高田 美智子]
1952年 大阪生まれ
2001年 京都精華大学芸術学部造形学科陶芸専攻卒業
2002年 個展〔ギャラリーマロニエ/京都〕
2003年 京都造形芸術大学大学院芸術表現陶芸専攻修了
2005年 長三賞展長三賞受賞
2007年 個展〔ギャラリーおいでや/山梨県北杜市〕
[村田 佳穂]
1982年 静岡県生まれ大阪育ち
現在、大阪芸術大学大学院芸術研究科博士過程前期芸術制作専攻工芸研究領域在籍
2006年 大阪芸術大学卒業制作展研究室賞受賞
女流陶芸展朝日新聞社賞受賞
グループ展 Our Works〔大阪芸術大学展示ホール/大阪〕
2007年 日本陶芸展賞候補入選

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.