INAXライブミュージアム 窯のある広場・資料館

窯のある広場・資料館について
収蔵品案内
染付古便器
土管
展示品の基礎知識
両面焚倒焔式角窯
トンネル窯
古便器の変遷
常滑の土管

展示品の基礎知識

古便器の変遷

【便器誕生】

華麗で精緻な絵柄が染付で施された小便器

華麗で精緻な絵柄が染付で施された小便器

貴人たちの間では、古くから「樋箱(ひばこ)」と呼ばれる引出の付いた木製の便器が、溲瓶(しびん)と同じように室内で使われていました。鎌倉時代になると糞尿を溜めて肥料に使うようになり、樋箱の上部だけを床に据えた大便器や、朝顔が開花した形に板を張り合わせた小便器などが登場し、床下には直接甕(かめ)をおくようになります。しかし、このような形をした便器を使ったのは上流武士や富豪に限られ、庶民は排便用の穴を床に開け、その下に素焼の甕を据えた汲み取り式の便所や、甕に直接踏み板を二枚渡しただけの便所を使っていました。

樋箱には、着物の裾を掛けておくために鳥居型やT字型の「衣掛け」とか「衣隠し」とよばれる突起が後部についていましたが、次第に「金隠し」といわれる板を前面に立てるようになります。そして江戸時代末から明治時代にかけて、これらの木製便器は、清潔で耐久性のあるやきものの便器に変わっていきました。

【木製から陶磁器製へ】

紋右衛門窯でつくられた、「還情園池紋製」の染付銘入り便器

紋右衛門窯でつくられた、
「還情園池紋製」の染付銘入り便器

陶磁器製の便器が盛んに生産されるようになるのは明治時代の中期以降です。明治24年(1891)に愛知県と岐阜県で濃尾大震災が起き、旅館や料亭、富裕層が復旧家屋の上方(お客様)便所用に、瀬戸(愛知県)でつくられていた染付便器を設置するようになると大流行し、東海地方を中心に全国に普及していきます。

旧家の厠を再現

旧家の厠を再現

華麗に染付が施された便器が一世を風靡すると、有田(佐賀県)や平清水(山形県)でもつくられるようになります。その他のやきもの産地でも、常滑(愛知県)では土管に多く見られる塩釉や、飴釉、褐色釉を掛けた便器が、信楽(滋賀県)や赤坂(福岡県)では、白地に青釉を縦や横に流し掛けした便器がつくられました。

明治38年(1905)頃になると、陶器製は変わらず染付が主流でしたが、陶器より高価な磁器製便器は青磁釉を施したものが好まれるようになり、特に関東方面で人気を博します。さらに、明治45年(1912)頃になると、人々の衛生観念が向上して吸水性のない磁器製便器を積極的に使うようになりました。

織部釉(左)と青磁釉の便器一式

織部釉(左)と青磁釉の便器一式

大正12年(1923。関東大震災発生)頃には、陶器製の大便器も小判形が主流となり、青磁釉のものが多く出回ります。そして、昭和に入ると白色便器の関心が高まり、白磁の便器が増えました。

INAXライブミュージアム 窯のある広場・資料館
ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.