INAXライブミュージアム 窯のある広場・資料館

窯のある広場・資料館について
収蔵品案内
染付古便器
土管
展示品の基礎知識
両面焚倒焔式角窯
トンネル窯
古便器の変遷
常滑の土管

収蔵品案内

染付古便器について

江戸時代後期、江戸の町では藍染めの着物と瀬戸産(愛知県)などの染付の食器が庶民に広く普及しました。「青と白」の取り合わせは粋でお洒落だという感覚が広がり、人びとにとってあこがれの対象となり、涼しさとみずみずしさの象徴となりました。

そのブームは明治時代に入ってからも続き、この頃に誕生した陶磁器製の便器にも「青と白」の装飾が施されるようになります。人目をはばかる空間だった便所を「青と白」で華やかに飾り、視覚的にも精神的にも清らかな空間としてしつらえようとした粋な人々からもてはやされ、染付便器は一世を風靡。芸術作品と呼べるほど華麗で装飾性豊かな逸品がつくられ、なかには銘が染付で入れられた特注のブランド便器までつくられました。

「窯のある広場・資料館」では、明治時代中ごろ以降に盛んにつくられるようになった非水洗式の陶磁器製便器を、染付(呉須による絵付け)が施されたものを主に展示しています。それらは、古便器蒐集家・千羽他何之(せんばたかし、古流松應会家元)氏のコレクションを中心に選りすぐった逸品で構成されています。

日本人の粋で典雅な美意識がこめられた、これら陶磁製便器をお楽しみください。

※画像をクリックすると詳細情報を表示します

INAXライブミュージアム 窯のある広場・資料館
ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.