Blue & White 青花流水 青花流水は、染付白磁(中国では青花〈チンホワ〉と呼ばれている)の古便器から抜け出た青花文様が織りなす自然循環の物語です。この物語の基点となる染付古便器は、日本六古窯の一つである愛知県・常滑のINAXライブミュージアムの所蔵品であり、日本独自の装飾工芸品として明治大正の人々をその美しい意匠で魅了しました。青と白の艶やかなハーモニーにより日陰の場所だった厠を「もてなし」と「くつろぎ」の華やかな安らぎの場に変えたこの古便器は、INAXの精神とも重なっています。

ここでは、青花流水の2分程度の動画をご覧いただけます。
ご覧いただくには、最新のAdobe Flash Playerのインストールが必要です。
Get ADOBE FLASH PLAYER

1.青花流水のルーツ 人々を魅了した青と白の意匠

青花流水のルーツはINAXライブミュージアムがコレクションする染付古便器にあります。これは19世紀末から20世紀初めにかけて、日本で流行した磁器の便器であり、愛知県瀬戸(常滑と並ぶ日本六古窯のひとつ)を中心につくられ、明治、大正の人々をその美しい、あでやかな青と白の意匠で魅力したものでした。

(写真:染付古便器)
染付古便器は白の素地をベースに、青に発色する呉須(コバルト)で花鳥草木が精緻に描かれたものです。

2.染付古便器が変えたトイレの世界観 「もてなし」と「やすらぎ」の場への転換

染付古便器は、明治、大正年間、人々の衛生観念の高まりとともに、人気が増します。制作者の名前入りの高級ブランド品も多数登場し「清らかさの美」の代名詞となってゆきました。青と白の染色が生みだすこの「清浄の美」は、日陰の場所だった便所を、特別な「もてなし」と「やすらぎ」の場に変えていったのでした。

(写真:REGIO)
トイレを美化し、人々の心を日々刷新し、ケの場所をハレの場所へと変える染付古便器の方向性は、REGIOの精神とも合致するものです。

3.染付古便器をめぐる日本と中国の関係1 景徳鎮から伊万里、瀬戸へ伝わった青花白磁

日本で染付と呼ばれる磁器は白地に藍の顔料を使用した文様を描いたもので、中国ではこれを青花(チンホワ)といい、英語ではブルー&ホワイトと呼ばれます。染付古便器のような青花白磁は、もともと中国の景徳鎮から伊万里へ、さらに瀬戸へと伝わった磁器製法によるものでした。

(写真:有田焼)
日本初の磁器は1616年、朝鮮人陶工・李参平が有田泉山で磁器原料となり陶石を発見し、中国の明代末の染付や赤絵を手本にして焼きあげたものといわれます。これが後に有田焼と呼ばれるようになります。

4.染付古便器をめぐる日本と中国の関係2 日中関係の産物である染付古便器

宋代、元代に流行した青花白磁でしたが、中国の内乱により、欧州では景徳鎮製の入手が困難になってしまいます。そこで有田焼が、17世紀中ばから伊万里港から長崎出島を通じ、欧州に大量に輸出され当地の王侯貴族たちを魅了したのでした。有田焼は青花白磁の代替物になったのです。有田焼が中国の意匠、技術を手本に、日本独特の造形感覚でつくりあげたように、染付古便器も中国をルーツとする日中関係の産物といえるでしょう。

(写真左:マイセンの官窯)
ドイツのアウグスト王は、有田焼を参考にマイセンで官窯を始めたのでした。

(写真右:呉須)
染付に使用された呉須(コバルト)はすべて中国から輸入していました。

5.青花流水の文様の世界 抽象・写実の共生と白という文様

青花流水の文様の世界には、抽象的な「草花文様」や「花鳥文様」が特徴的な有田焼の文様と、明治から大正期のリアリズムや写生主義の影響を受け写実性の強い文様が多い瀬戸磁器の文様が共生しています。また、余白を味わい、間を感じる器といわれる青花白磁の精神性を受け継いで「白を生かす」世界観となっています。白は背景ではなく、文様そのものであるという考え方です。

(写真左:有田焼(上)、瀬戸磁器(下))
菊、牡丹、梅などが抽象的に描かれる有田焼と、周辺の山や庭をそのまま写したような写実的な瀬戸磁器。

(写真右:白が際立つ文様)

コンテンツ&映像監修

伊藤俊治
東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。20世紀イメージ考古学、電子美術論などの著作の他、文化庁芸術文化振興基金審査委員、東京都写真美術館企画運 営委員、国際交流基金国際展委員などを歴任。「日本の知覚」展(クンストハウス・グラーツ、ヴィゴ現代美術館)などのキュレーション多数。

  • 通信回線が混雑しているなどお客さまの視聴環境によっては動画・音声が再生できない、またはスムーズに再生されない場合があります。
  • ファイヤーウォールのある環境でアクセスしている場合、動画・音声が再生できない場合があります。
  • セキュリティソフトやウィルス対策ソフトがバックグラウンドで常に起動している場合、音声・動画が正しく再生できない場合があります。
ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.