INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2015年07月  »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.183 小林達雄×赤塚次郎 対談 『縄文・弥生 真っ赤なベンガラの時代』を開催しました

2015/07/21

担当 水野

企画展「大地の赤 ベンガラ異空間」 関連企画
小林達雄×赤塚次郎 対談 『縄文・弥生 真っ赤なベンガラの時代』

講師:小林達雄(考古学者、國學院大學文学部名誉教授、新潟県立歴史博物館名誉館長)
赤塚次郎(考古学者、NPO法人古代邇波の里・文化遺産ネットワーク理事長、
前愛知県埋蔵文化財センター副センター長)
日時:平成27年7月11日(土)14:30-16:30
  会場:INAXライブミュージアム 「世界のタイル博物館」講義室


最古の顔料の一つ「ベンガラ」をさまざまな視点からご紹介する『大地の赤 ベンガラ異空間』展。
当展の関連企画として、縄文時代をご専門とする考古学者の小林達雄先生と
弥生、古墳時代をご専門とする赤塚次郎先生をお呼びして、対談を開催しました。

今回は、縄文、弥生時代の土器や土偶の多くが赤くベンガラで塗られていたのは、なぜか。
その理由に、両先生それぞれの視点から迫っていただく対談です。
また、展覧会にも出展し、見どころの一つである、弥生時代に愛知県から主に出土した「パレススタイル土器」
についてもご解説いただき、より多くの方に知っていただきたいと考えました。


対談前には、「ベンガラ」の製造方法や歴史、何に用いられてきたか等を知っていただくため
展覧会をご観覧いただきました。
s_Bengala-020.jpg s_Bengala-018.jpg

s_Bengala-011.jpg s_Bengala-022.jpg


ご観覧後は、いよいよ対談のスタート。
日本を代表する両先生の対談とあり、愛知県内はもとより、県外からも多くの方にご参加いただきました。
s_Bengala-051.jpg s_Bengala-061.jpg

左:小林達雄氏 右:赤塚次郎氏


初めに、両先生より、縄文、弥生時代の土器や土偶について、スライドを見ながらその色の使われ方、
装飾、用途などをひとつひとつ、詳しく説明いただきました。
現在は彩色がない土器や土偶も、当時はその多くが真っ赤に塗られていたことが分かってきたそうです。
s_Bengala-073.jpg s_Bengala-085.jpg


小林先生からは、縄文時代には「赤」とともに対照的な「黒」が使われ、両者が引き立てあっていたことや、
この時代の人々の”精神”が土器や土偶に表現されていた、など、縄文時代の本質に迫るお話を伺いました。
s_E_5_5_鬚ィ髻サ蝣ゅさ繝ャ繧ッ繧キ繝ァ繝ウ_381.jpg s_Bengala-109.jpg


つづいて赤塚先生より、主に愛知県の朝日遺跡(清須市他)から出土し、
2013年には国の重要文化財に指定された「パレススタイル土器」の特徴と、同時代の弥生土器とのちがいについて
ご解説いただきました。
ベンガラで赤く彩られた装飾豊かな「パレススタイル土器」は、全国的にも珍しく、濃尾平野のみで出土されています。
sD02-土器・土製品-04a_0078.png s_Bengala-083.jpg


対談の終盤では、「パレススタイル土器」が濃尾平野でしか作られなかった理由に、
赤塚、小林両先生が迫っていかれ、さらには弥生時代の多様な地域性や、縄文から弥生移行期の人々の攻防に
ついてもうかがうことができました。
s_Bengala-098.jpg s_Bengala-117.jpg


両時代を長年研究されてきた両先生に、縄文・弥生時代から、なぜ「赤」そしてベンガラが塗られてきたのか、
その理由や私たち人類にとっての「赤の意味」もうかがうことができた、今回の対談。
赤に彩られたことに留まらず、それぞれの時代の精神も垣間見られる、とても奥深い対談になりました。

企画展『大地の赤 ベンガラ異空間』は9月6日(日)まで開催しております。
この機会に、ベンガラの魅力をぜひ、ご覧になってください。



LIXIL文化活動Facebook: https://www.facebook.com/LIXIL.culture

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.