INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2014年07月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.161 テラコッタパーク 夏の夜のコンサート シャンソンとマンドリンの夕べ

2014/07/23

担当 住宮

7月19日 (土) 会場 土・どろんこ館 建築陶器のはじまり館テラコッタパーク

ミュージアム閉館後の特別イベントとして軽やかなマンドリンとシャンソンの音楽を聴き、休憩時には、テラコッタパークのライトアップを楽しもうというコンサートを開催しました。

会場は雨天を予想し、当初テラコッタパークでの野外演奏を急遽、土・どろんこ館に場所を変更しました。始まる前から沢山の人に集まり徐々に陽が暮れる中で第1部、マンドリンアンサンブル「MOE」による演奏が始まりました。

沢山の方に集まっていただきました。

マンドリン、マンドロンチェロ、マンドラ、ギター、コントラバスの奏者と指揮者、合わせて11名のグループです。「シェリーに口づけ」「めぐり逢い」「日曜はだめよ」など、7曲を演奏。曲の合間では、MOEの名司会者、村松幹夫さんが軽妙な曲紹介で、満員の聴衆を沸かせました。

休憩時間には、テラコッタパークへ移動。飲み物片手にテラコッタを鑑賞。「きれいですね」「素敵だから写真撮りたいです」。そんな感想が聞かれました。

浴衣姿のお客様もいらっしゃりライトアップを楽しまれました。


第2部は、歌い手に佐藤幹夫さんと風花まいさんを迎え、マンドリンをバックにシャンソンの名曲の数々を披露。しっとりとした歌声に会場は酔いしれました。

佐藤幹夫さん(右側)

シャンソン歌手の風花まいさん

マンドリンの紹介も好評でした。

最後は、会場からアンコールの声がかかるほど盛り上がり、それに応えて全員で「見上げてごらん夜の星を」を合唱しました。

夏の夜のコンサート、テラコッタパークのライトアップも印象的な素敵なひと時を皆さんに過ごしてもらいました。

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.