INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2014年07月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No159 「タイルに描かれた物語の朗読会 イソップ物語」

2014/07/10

担当 住宮

企画展「タイルが伝える物語−図像の謎解き」関連ワークショップ、子供向けにイソップ物語の朗読会とタイルの絵付け体験を6月28日(土)1:00pm〜 世界のタイル博物館 セミナールームにて行いました。

紙芝居を読んでくださるのは、常滑市立図書館のスタッフ。「大型紙芝居2つと絵本を用意して、楽しみに来ました」。ライブミュージアムとは初のコラボレーション企画です。
さあ、紙芝居のはじまり、はじまり! 今日のお話は『ぱんくがえる』と『北風と太陽』 みんなお話の中にすっかり入りこんでしまいました。


さあ楽しいお話を聞いた後は第二部 物語をタイルに描こう に移ります。
「昔の人はタイルに物語の場面を描いて、子供に読み聞かせをしました。千年も前に物語を描いたタイルが展示されているんですよ。みんなも、タイルに物語を描いてね」。というわけで、お話を聴いた子どもたちが次にチャレンジするのは「お絵かき」。子どもたちが描いた絵をタイルに焼き付けます。使うのは、焼き付け専用の紙とクレヨンです。






描いた絵は、工場でタイルに転写し高い温度で焼いて、オリジナルのタイルになります。引き渡しは2週間後。「楽しかった!」「早くできないかな」と、子どもたち。楽しかった思い出が、オリジナルのタイルとともに長く残っていくことでしょう。

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.