INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2007年02月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.59 ルーマニアの民族楽器「パンフルート」を手づくりしてみませんか?

2007/02/02

担当 立花

みなさん、「パンフルート」「パンの笛」という楽器をご存知ですか?
ギリシャ神話に登場する、羊飼いと羊の群れを監視する半獣神「パン」に由来し、世界最古の管楽器と言われる、葦(あし)や竹、木などでつくられた笛です。


何本かのパイプを音階順に並べて固定したシンプルな楽器で、空き瓶の口を吹くと「ボー」っと音が鳴るように、底部がふさがれている管に唇を当て、吹きながら手で左右に楽器を動かして演奏します。吹き込む息の角度を調節して音程を作るその音色は、時にやさしく、時に力強く、素朴で心あたたまります。ルーマニアを代表する民族楽器ですが、ペルーやボリビアなどでも盛んに演奏されているそうです。土・どろんこ館 企画展示室で開催中の「「土と水のドナウ紀行」展でも、国立民族学博物館からお借りしたパンフルートを展示しています。






今回、展覧会に関連して、10本の竹管を使ったオリジナルのパンフルートを手づくりするイベントを、2月12日(月・祝)に開催します。⇒イベントの詳細はこちら
講師をお願いしている大束晋(おおつかすすむ)さんには、それぞれの音階に近い長さに切断した管の底に、コルクを詰めて音程を微調整した材料一式を、事前に準備していただいています。






パンフルートができあがったら吹き方を練習し、皆で合奏します。
「春の小川」「かえるのうた」「夕焼け小焼け」の楽譜をご用意しています。
ぜひ、手づくりしたオリジナルのパンフルートで自分の音色をお楽しみください。


皆で一緒に演奏した後は、プロ奏者・大束さんの独奏をお楽しみいただきます。
ルーマニアの伝統民謡はもちろん、日本の音楽やクラシカルな曲を選んでいただきました。
土・どろんこ館の土の空間に響き渡る美しい音色に耳を傾けながら、神秘的なひと時をお過ごしください。






【プログラム】
魂に訊く(ルーマニア民謡)
森のダンス(ザンフィル)
バラーダ(ポルムベスク)


春の海(宮城道雄)
てんさぐの花(沖縄民謡)
浜千鳥


プレリュード(バッハ)
ナイチンゲール(エイク)


ルーマニアンメドレー

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.