INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

 2005年11月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.2 より多くの方に知っていただくため、記者説明会を開きました

2005/11/25

担当 立花

ギャラリーのある東京・京橋のINAX銀座ショールームで24日、新聞、雑誌などの記者に対して会見を行い、土をテーマにした参加型文化施設「土・どろんこ館」を来年秋、愛知県常滑市内にオープンすることを発表しました。〔ニューリリース〕


2005年に創業80年を迎えたINAXが、伊奈製陶から社名変更して20周年を迎えたことを記念したもので、「土・どろんこ館」という館名は、土の美しさや科学性、土を使ったワークショップをイメージしています。建物は、展示スペースや多目的ホールのある、鉄筋コンクリート一部二階建て延べ約588平方メートル。正面には約300平方メートルの広場を設け、屋外ワークショップの活動を行っていきます。設計は日置拓人氏が担当。瓦や土壁など自然素材を利用していくほか、リサイクル材を活用するなど、環境に配慮した建物になります。

kishakaikenn3.jpg
記者を前に、土・どろんこ館の説明をする社長・杉野

社長・杉野正博は模型を前に、「建築素材ややきものの原料である土をテーマにした展示や講演会、ワークショップなどを開催していく予定です。市民や来館者と一緒に活動し、土に直に触れ、遊び楽しんでもらえるような、交流の場所にしていきます」と説明しました。
記者からは「ワークショップは土と触れるような企画を考えているのか」「エリアは開放されているのか」などの質問が寄せられました。

kishakaikenn2.JPG

記者会見終了後、記者の質問に答える辻孝二郎プロジェクトリーダー(右)

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.