INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2009年03月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.115 常滑の屋根

2009/03/27

担当 磯村

No.112で「常滑の川」について紹介させていただきましたが今回は屋根です。
常滑の町歩きで屋根の上の鍾馗さまを見つけるのも楽しいのですが屋根の形も興味をそそります。特に「やきもの散歩道」にはおもしろい形をした屋根が多く見られます。
曲がりくねった路地、地所いっぱいに家を建てるため地所の形に壁ができそれに合わせて屋根ができています。




路地に沿った家


現場合わせで臨機応変に対応する腕と知恵が見て取れます。



とんがっています。





瓦が2枚だけ葺かれていません。





左の家が後に建てられたのでしょう、右の家の屋根をよけています。





招き猫の手をよけているわけではありません。





なんとも素敵な形です。


常滑の町は、おもむきのある古い家や工場が取り壊されて空き地になったりマンションが建ったりしており景色が変わりつつあります。その一方、使われなくなった古い工場を借りてアトリエにしている素敵な作家さんもいます。



壁が朽ち果てた古い工場のアトリエ


よい物、よい事は、残したいのですがその基準が人それぞれで悩ましいところです。

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.