INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2008年06月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.96 どろ田に粘土が入る

2008/06/23

担当 磯村

7月26日(土)に始まる「みんなでどろ遊び」に向けて準備を進めています。
このどろ田のどろは、INAXの創業の地にある常滑東工場でタイルを作る時に使われている蛙目(ガイロメ)粘土です。【蛙目粘土】、おもしろい名前だと思いませんか?
この粘土は、花崗岩の風化によってできたカオリンを主成分とする粘土の中に2〜5mm程の石英の粒子が入っています。雨上がりや夜、光があたるとカエルの目が光るように見えるためこの名前がついたそうです。残念ながらどろ田で使うものは、精製してあるためカエルの目を見ることはできませんが非常に滑らかで気持ちの良い粘土です。





蛙目粘土の投入です。





どろ田に粘土が入りました。

どろ田を体験しながら子供を見守る監視ボランティアを募集しています。子供にかえって
いっしょにどろの気持ち良さを体感しませんか。
詳細は、お問い合わせください。TEL0569-34-8282
ベンチの日陰を作るアサガオの成長を心配しておりましたが無事つるが伸びて来ました。
もっと元気に成長してもらうことを願って液肥をあげました。




早く大きくなーれ


最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.