INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2008年02月  »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.86 とこなめの世間遺産マップツアーが開催されました。

2008/02/29

担当 磯村

2月24日(日)「まちの駅常滑協議会」主催による“とこなめの世間遺産マップツアー”がINAXライブミュージアムとその周辺で開催されました。常滑のなつかしい町並がどんどん無くなって来ています。何気なくあるものですがそのものにはそれに関わった人たちや歴史があります。世間遺産は私たちが私たちの感性で発見する宝物です。自分が見つけた宝物は、人に伝えたくなります。そうした活動をすることで遺産を残していこうと「まちの駅常滑協議会」は取り組んでいます。



ワークショップ前の探索コース打ち合わせ


今回のワークショップは、世間遺産とは何かのレクチャーを受け、遺産の写真と地図が載ったA3のシートにはさみで切り込みを入れて豆本を作成します。



山本さんによる世間遺産の説明





はさみで切り込みを入れ豆本作り





こんな豆本ができあがりました




その後32名の参加者が7チームに分かれチーム名を決め常滑の町の細い路地に繰り出します。



東窯工業さんの八角形の煙突





珍しい白い甕





隣に遠慮した半分の家

ライブミュージアムに帰ったら「私が見つけた世間遺産」の発表がありますので探索の最中も発表者を決めたり、どの遺産を発表するかを決めたりして初対面の参加者とのコミュニケーションも自然にとれます。非常に風が冷たく寒い中、常滑の町を探索しました。
「常盤蔵」に用意された暖かいお茶と「大蔵餅」さんの餡入りきな粉餅は最高においしかったです。



撮影した画像をパソコンに取り込みます


発表会では、この遺産を選んだ理由を発表し参加者の投票で賞が決まり表彰式までありました。



ひとり二票、手を上げて投票します


「最優秀賞」「視点王賞」「ベストアングル賞」等、表彰状もマップを作成した「楽游館」の岡さんのデザインによるもので立体的な表彰状でした。










参加された方の目の付け所がそれぞれで40数年住んでいて角から角まで知っているつもりの私も知らない風景が何箇所も紹介されました。
参加された皆さんも町歩きの楽しみ方のコツのようなものをつかまれたと思います。
ダーツの旅のごとく地図上で適当にポイントをしぼりデジカメ片手に探索するのも良いですね。

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.