INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2007年03月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.62 ものを大切に使う心

2007/03/14

担当 磯村

私が入社して間もないころ衛生陶器(洗面器)の成形作業を指導してくれた上司に言われた言葉を今も覚えています。「自分が作る製品を愛しなさい。」今振り返って思えばものづくりの心を言っていたんだなと思います。その仕事が好きでなければ、その品物が好きでなければ良いものはできません。
常滑の町を歩くと焼酎ビンや土管が土留めになっていたり家の基礎として使っていたりする景色をいたるところで見かけます。



本来お酒を保管したり水を流したりするもので漏れてしまってはその役目が果せません。
せっかく愛情をかけて作った製品を不良品として割って捨ててしまうのはかわいそうだと昔の人は思ったのでしょう。器として作りましたが建材として違う形で役目を果しています。






そんな焼酎ビンや土管の顔がけなげに見えてきます。



違う形で役目を果している例がライブミュージアムにもあります。陶楽工房横の石の階段です。大きな丸い石は2つセットで転がりながらやきものの原料を砕いて細かく磨り潰していたものです。“フレットミル”という名の設備の一部でした。



常滑の「森下製土株式会社」さんでは “フレットミル”が現在もやきもの用の土を現役で作っています。良いものを長く使う、使えなくなったら他の使いみちを工夫する。使い捨ての時代をそろそろ卒業しなくては・・・・と思う今日この頃です。

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.