INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2006年06月  »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.35アルプス花街道にマリーゴールドを植えてきました

2006/06/19

担当 宮地

私は信州が大好きで、第2の故郷と思っている。そのため、今年も「2月/酒造元訪問、3月/スキー、4月/ぶらり旅行、5月/スキー・山菜とり」と毎月のように安曇野を訪れ、6月3日(土)またまた安曇野に出かけました。
6月の安曇野行きは、数年前に「信州のお酒、漬け物、蕎麦」が縁で結成された会が催され、それに参加した。この会は「とにかく信州のお酒、漬け物、蕎麦を味わいたい一心」の東京・名古屋在住の中年グループです。今回、8名が参加しました。
集合先である蕎麦屋の経営者から「蕎麦を食べたら花植えを手伝いに行く」と言われ、全員で「アルプス花街道(長野道・豊科ICから穂高地区へ至る街道)」へ向った。街道では実行委員長の等々力さんが「遠路はるばるお越しいただいた皆様を待っていました」と歓迎を受け、約300本のマリーゴールドを植えた(全体では約1万本)。この運動は今年で10年目を迎え、住民と行政の協働によるまちづくりを目指す場として取組まれている。植えるのは地域住民だけでなく安曇野を訪れる観光客にも呼び掛けて実行されていたので蕎麦屋が申し込んでいてくれたのである。




マリーゴールドを植えている筆者とその仲間


このようなイベントに参加できたことは非常に楽しかった。この夏には、花の見学と称して安曇野に出かけることができ、「お酒、漬け物、蕎麦」を味わうことができる。
*実行委員長の等々力さんは他にもNPO法人、アルプス桜の会などでも活躍され、実行力のある魅力ある方でした。このような方が率先していろいろな活動、新しい取り組みにチャレンジしている街は活気がみなぎり羨ましい。

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.