INAXライブミュージアム


ライブミュージアム日記

«  2006年01月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

RSS

2009年以前の記事は、ライブミュージアムでの日々の出来事やスタッフの想いを綴ったものです。

2006年9月以前の記事は、土・どろんこ館開設準備室による「どろんこ広場」として書かれたものです。


独自企画や地域との連携で、コンサートや講演会、ワークショップなど、さまざまなイベントを開催しているミュージアム。ライブ感あふれる活動をスタッフがご案内・ご報告します。

No.16いよいよ着工!

2006/01/27

担当 辻

土・どろんこ館の建築工事が始まりました。偽装事件のあおりを受けて、建築確認申請がなかなか通らなかったり、石油価格の高騰の影響か建築費も上がって費用面のつめに時間がかかったり、敷地を横切る市道の下水工事があったりと「想定外」のこともいろいろありました。整地された場所に人が入り、工事材料が置かれはじめるといよいよ始まったという感じがします。こうして現場が動き出すとこれまでの時間とは異なり、打合せにも緊迫感が出てきます。もの作りが始まるということは別次元や別の世界に入っていくような感覚になります。静かにたたずんでいた敷地の空気も突然動き始めます。まだまだ厳寒の中ですが、春を先取りして足音を高めていく、そんな感じでしょうか。



整地後4-5ヶ月、工事の足音はすぐそこに





すべては杭を打つことから始まる

大地があり、土がそのまま立ち上がったような建築物ができてくる。安全でありますように、長く愛される建物でありますように、自然の恵みがありますように、地霊に謙虚にお祈りしたくなる瞬間です。
    母よ 私の地を
    たくさんの花で四度蔽(おお)ってください
    天を 高く盛り上がる
    雲で 蔽ってください
    地を 霧で蔽い
    地を 雨で蔽ってください
    地を雨で蔽い
    地を雷光で蔽ってください
    雷鳴を 地上いたるところにとどろかせてください
    雷鳴を聞かせ
    雷鳴を いたるところにとどろかせてください
    地の 六つの方角のすべてに
・・・・アメリカ・インディアンの口承詩 金関寿夫・著 ズーニ族「嵐の歌」

最近の投稿一覧

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.