建築・美術展 GALLERY 2




展覧会案内

クリエイションの未来展 第14回 宮田亮平監修 「金工のかたりべ」<br>

クリエイションの未来展 第14回 宮田亮平監修 「金工のかたりべ」
"The Modern Minstrels in Metalworking"

2018年1月11日(木)〜3月20日(火)

第一期 2018年1月11日(木)〜2月13日(火)
第二期 2018年2月15日(木)〜3月20日(火)
■ 休館日
水曜日、2月25日(日)
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料

シンポジウム
第1回  2018年2月9日(金)18:30〜20:00
登壇者:相武常雄、飯野一朗、大角幸枝、尾崎悟、北村眞一、宮田亮平
※第1回シンポジウムは定員に達しましたのでお申込を締め切らせていただきました。

第2回  2018年3月1日(木)18:30〜20:00
登壇者:田中照一、中川衛、橋本真之、原典生、春山文典、宮田亮平

プレスリリースpdf_icon_s.gif ※ご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。


The 14th Future of Creation : Supervised by Ryohei Miyata
"The Modern Minstrels in Metalworking"

Part 1 : 11 January - 13 February 2018
Part 2 : 15 February - 20 March 2018
※On 14th February, GALLERY 2 is closed for preparation of part 2.
(GALLERY 1&3 are opened as usual)
■ Closed
Wednesdays, 25 February 2018
■ Open
10:00〜18:00
■ Admission
Free
◆アートニュースはPDFをご覧下さい。/ Here is more details. (PDF 809KB)
「金工のかたりべ」/ "Modern Minstrels in Metalworking" pdf_icon_s.gif
※ご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。

画像:宮田亮平  シュプリンゲン「波」  W500xD200xH500mm


展示会概要
LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」について
LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、日本の建築・美術界を牽引する4人のクリエイター、清水敏男(アートディレクター)、宮田亮平(金工作家)、伊東豊雄(建築家)、隈研吾(建築家)を監修者に迎え、それぞれ3ケ月ごとの会期で、独自のテーマで現在進行形の考えを具現化した展覧会を開催しています。

→ Art and Architecture Exhibitions (GALLERY2)

「クリエイションの未来展」の第14回目となる今回は、金工作家の宮田亮平氏監修による「金工のかたりべ」を開催します。本展では、監修者である宮田亮平氏と、現在第一線で活躍されている無形重要文化財保持者2名を含む金属工芸家11名による作品合計20点を展示します。会期を前期、後期に分けて作品の展示替えを行います。前期・後期とも11名の作家が出品し、異なる作品をご覧頂きます。

見どころ | 日本の金属工芸のいまと粋
   金属工芸は約2000年前に大陸より伝来し日本でも独自に発展してきました。今日私たちは出土した銅鐸や寺社の仏教美術、明治時代の輸出工芸品などから優れた芸術を見ることができます。今展ではこうした歴史ある技術を受け継ぎ、長く鍛錬された稀代の現代金属工芸作家による作品をご覧頂きます。金属工芸では多様な素材、独自の技法、また伝統の継承が大切に守られてきました。今展の11人の作家にはそれぞれの造形思想と伝承のものがたりがあります。監修者である宮田亮平氏は、作品を11人のかたり部の物語とし、守られてきた伝統に加えて、未来への懸け橋となるような展覧会を開催します。金属の煌き、精緻で端正な手仕事による荘厳華麗な作品をぜひご覧ください。


監修者・作家 宮田亮平氏からのコメント
   日本の金属工芸の伝統は古く弥生時代までさかのぼります。シルクロードを経て中国大陸、朝鮮半島、そして日本列島に上陸した金工技術は以後、この国で独自の進化を遂げながら今に至っています。その伝統を受け継ぐ現代の作家たちは、多彩な素材と技術、感性の素を注いで、それぞれ創意に満ちた作品世界をつくり上げてきました。
   鍛金、鋳金、彫金といった技法、流派、所属団体といった金工世界の枠を超え、独自のこだわりを持った作品群が一堂に会したら、いったいどんな化学反応が起こるだろうか。
   そんな期待と好奇心から今回の展示会を企画しました。その意味では、過去にあまり例のない試みかもしれません。
   出品した作家らは一人ひとり異なる立ち位置にありながらも、みんな気心の知れた金工仲間です。今回の試みをきっかけに金工の表現世界をさらに深め、新たな創造に結実することに今から胸を躍らせています。
   古来日本には、鏡の鋳造に従事した「鏡作部(かがみづくりべ)」や、刀剣などの鍛造を担った「鍛冶部(かぬちべ)」といった専門の職人集団がいて、金工技術を継承、発展させてきました。
   本展につどった作家たちは、それぞれの金工物語を未来に語り継ぐ、いわば「かたり部」と言えます。その深くひたむきな「かたり」に、静かに耳を傾けていただけたら幸いです。


監修者・作家略歴
監修者  宮田亮平(MIYATA Ryohei)
hp.miyata.jpg
1945年 新潟県佐渡市に生まれる
1972年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程鍛金専攻修了
1997年 東京藝術大学教授
2005年 東京藝術大学学長(〜2016年3月)
2016年
文化庁長官(4月〜)

1990年 文部省在外研究員(ドイツ)、個展(ドイツ)
2007年 第46回日本現代工芸美術展 内閣総理大臣賞受賞
2009年 第41回日展 内閣総理大臣賞受賞
2012年 第68回日本芸術院賞受賞
2013年 「宮田亮平展」高島屋(日本橋本店・横浜店・大阪店・JR名古屋店)
2015年 「宮田亮平展 海へ」 三越(日本橋本店)
                                 東京五輪エンブレム・マスコット委員会座長
                                 日本相撲協会「横綱審議委員会」委員 他


出展作家

AIMU_Tsuneo.jpg
相武常雄(AIMU Tsuneo)

愛知県常滑市生まれ
東京藝術大学大学院修了
日展会員
現代工芸美術家協会本会員
常滑市文化功労者表彰
日本現代工芸展内閣総理大臣賞受賞
日展文部科学大臣賞受賞


IINO_Ichiro.jpg
飯野一朗(IINO Ichiro)

埼玉県さいたま市生まれ
東京藝術大学大学院修了
ドイツ・インターナショナル・ジュエリー協会
東京藝術大学名誉教授
日本ジュエリー大賞受賞
日本クラフト賞受賞


OOSUMI_Yukie.jpg
大角幸枝(OSUMI Yukie)

静岡県掛川市生まれ
東京藝術大学卒業
日本工芸会参与
重要無形文化財保持者(鍛金)
紫綬褒章受章
旭日小綬章受章


OZAKI_Satoru.jpg 尾崎悟(OZAKI Satoru)

東京都品川区生まれ
東京藝術大学大学院修了
無所属
東京藝術大学大学院修士課程修了制作買上げ
現在海外のアートフェアにて出品活動中



KITAMURA_Shinichi.jpg
北村眞一(KITAMURA Shinichi)

東京都台東区生まれ
武蔵野美術大学短期大学部卒業
日本工芸会理事、金工部会会長
日本伝統工芸展鑑審査委員、選考委員
伝統工芸日本金工展鑑審査委員
伝統工芸日本金工展文化庁長官賞受賞


TANAKA_Terukazu.jpg
田中照一(TANAKA Terukazu)

東京都台東区生まれ
東京都立工芸高校卒業
日展会員
日本新工芸家連盟理事
日本新工芸展内閣総理大臣賞受賞
東京都知事賞受賞


NAKAGAWA_Mamoru.jpg
中川衛(NAKAGAWA Mamoru)

石川県金沢市生まれ
金沢美術工芸大学工業デザイン卒業
日本工芸会参与、常任理事
金沢美術工芸大学名誉教授
重要無形文化財保持者(彫金)
日本伝統工芸展日本工芸会保持者賞受賞
MOA美術館 岡田茂吉工芸部門大賞受賞
紫綬褒章受章


HASHIMOTO_Masayuki.jpg
橋本真之(HASHIMOTO Masayuki)

埼玉県上尾市生まれ
東京藝術大学卒業、同大学院中退
無所属
金沢美術工芸大学大学院専任教授
東京藝術大学卒業制作買上げ
藝術選奨文部科学大臣賞受賞


HARA_Norio.jpg
原 典生(HARA Norio)

東京都台東区生まれ
東京藝術大学大学院修了
日展会員
工芸美術日工会副代表
文化学園大学名誉教授
美術工藝振興佐藤基金淡水翁賞受賞
日展東京都知事賞受賞


HARUYAMA_Fuminori.jpg
春山文典(HARUYAMA Fuminori)

長野県小布施町生まれ
東京藝術大学大学院修了
日展理事
現代工芸美術家協会常務理事
日本芸術院賞受賞
日展文部大臣賞受賞
日本現代工芸展内閣総理大臣賞受賞


MIYATA_Ryohei.jpg
宮田亮平(MIYATA Ryohei)

新潟県佐渡市生まれ
東京藝術大学大学院修了
日展会員
現代工芸美術家協会本会員
東京藝術大学名誉教授
文化庁長官
日本芸術院賞受賞


ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.