建築・美術展 GALLERY 2




展覧会案内

木戸龍介 展 Kido Ryusuke Exhibition<br>-スウィッチ 押すの 押さないの どっちなの-

木戸龍介 展 Kido Ryusuke Exhibition
-スウィッチ 押すの 押さないの どっちなの-

2014年1月7日(火)〜1月28日(火)

■ 休館日
水曜日
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料

アーティスト・トーク 1月18日(土) 18:00〜19:00

プレスリリースpdf_icon_s.gif ※ご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。

Ash-Eternal Dream-/2012
お香/実物大



展示会概要
木戸龍介はこれまで水や炎といった常にかたちが変化するものを、半永久的な素材(大理石、木材、金属)を細密に彫刻することでとらえ、現代社会で安易に知り得ていることがいかに不正確であるかを再考してきました。
本展では、これまで使用していた楠や大理石の素材をお香に変え、2012年より始まった新シリーズ「Ash」から、お香で制作した、現代人が最初に触れる造形パーツと考えるLEGO®ブロックの都市とオンオフを象徴するスウィッチによる新作インスタレーションを行います。目の前に起こるありふれた現象からもののあり方を見つめ直す、木戸の新たな試みです。
*LEGO®はLEGO Group.の登録商標です。


見どころ

@ 新シリーズ「Ash」の発表
木戸龍介は東京藝術大学大学院修士課程を修了後(2011)、トーキョーワンダーウォール2010入選、東京都現代美術館ブルームバーグ・パヴィリオン公募大賞受賞(2012)、2013年は海外レジデンスにて制作をしてきました。
木戸はこれまで水や炎といった常にかたちが変化するものを、半永久的な素材(大理石、木材、金属)を細密に彫刻することでとらえ、現代社会で安易に知り得ていることがいかに不正確であるかを再考してきました。本展では木戸がこれまで使用していた楠や大理石の素材をお香に変え、2012年より始まった新シリーズ「Ash」から、LEGO®ブロックの都市とオンオフを象徴するスウィッチによる新作インスタレーションを発表します。

A 香りに包まれて「選択」を考える仕掛け
会場にはカラフルなお香でつくられたLEGO®ブロックの都市が、香り高く美しい姿を見せる予定です。しかしその都市はお香でつくられているがために燃焼して灰になるという姿を連想させます。またオン・オフを象徴するスウィッチには、お香、灰とさまざまな状態があり、それぞれに「Love」「Art」「war」などの言葉がつけられます。言葉に導かれスウィッチを押すという選択は、灰のスウィッチを押してしまえば、そのかたちはもう元には戻らないことを容易に想像させ、私たちに選択の再考を促します。

B お香は私たち自身
お香の作品が燃えて灰になるとき、それは酸素を使い酸化するということでもあります。そう考えたとき、お香は呼吸する私達自身でもあるように感じられます。呼吸をし、姿を変え、煙や灰のように最後は自然に戻っていく。スウィッチもまた、私たちが常に選択の中で日々を過ごしていることを思い出させます。「押すの 押さないの どっちなの」その結果が今であり、やがて人生や世界になっていくことを木戸は語りかけています。



木戸龍介(Kido Ryusuke)展
木戸龍介(Kido Ryusuke)展

木戸龍介(Kido Ryusuke)展
木戸龍介(Kido Ryusuke)展

木戸龍介(Kido Ryusuke)展

木戸龍介(Kido Ryusuke)展

木戸龍介(Kido Ryusuke)展

2014年1月会場風景

◆アートニュースはPDFをご覧下さい。
木戸龍介展アートニュースpdf_icon_s.gif ※ご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。
作家略歴
1984年 東京都生まれ
2009年 多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業
2011年 東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程修了
展覧会歴
                   
2013年 アーティストインレジデンス Saari residence (フィンランド)
TO. BE(tokyoberlin)(シフノス島、ギリシャ)
White House Biennial(アテネ、ギリシャ)
The Third International Stone Sculpture Colony(デニズリ、トルコ)
Time Remapping with Wit Pimkanchanapong(100Tonson Gallery、バンコク、タイ)
MAP (Tokyo Wonder Site Berlin in Kunstraum Bethanien、ベルリン、ドイツ)
2012年 LIDINOS FOR SYRIA(Aegina、ギリシャ)
I Think I Can, I Think I Can (Casa Matei Gallery、Cluj Napoca、ルーマニア)
個展 ブルームバーグ・パヴィリオン公募大賞受賞者展「Inner Light」(東京都現代美術館)
Hydra School Project (Hyra、ギリシャ)
TWSレジデンス成果報告展「YOKYO STORY」(トーキョーワンダーサイト本郷)
2011年 アーティストインレジデンス Tokyo Wonder Site(10月〜3月 トーキョーワンダーサイト青山滞在)
個展 TWS-EMERGING2011(トーキョーワンダーサイト本郷)
第59回東京藝術大学卒業・修了制作展(東京藝術大学美術館)
2010年 プリュス トウキョウ・コンテンポラリーアートフェア
日韓石彫交流展「STONE ROAD」(上野の森美術館ギャラリー)
トーキョーワンダーウォール2010入選展(東京都現代美術館)
2009年 「アトリエの末裔あるいは未来」展(旧平櫛田中邸)
NHK連続テレビ小説「つばさ」記念碑設置(川越/鏡山酒造跡地)
越後妻有トリエンナーレ「克雪ダイナモアートプロジェクト」
東京五美術大学連合卒業・修了制作展(国立新美術館)
2008年 Art Program Ome2008「ポストシアター」(青梅市街)
「第3回各務ヶ原市彫刻のある街づくり」優秀作品選出
ギャラリー1/3個展 「みずのかたち」
ギャラリー1/3企画グループ展(5月、6月、7月、10月、11月)
2007年 多摩美術大学彫刻学科八王子展(八王子/いちょうホール)

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.