建築・美術展 GALLERY 2




展覧会案内

カン・イング 展 KANG INGOO ―バラスとワイヤーの天地―

カン・イング 展 KANG INGOO ―バラスとワイヤーの天地―

2009年2月2日(月)〜2月25日(水)

■ 休館日
日祝日
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料

アーティスト・トーク 2009年2月2日(月) 18:00〜19:00

アートニュース

プレスリリースpdf_icon_s.gif ※ご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。

Photo: 「Dancing」 stones、wires   13000×1000×700mm  2008  撮影:山本糾  写真提供:国際芸術センター青森



展示会概要
豪雨の時、地面に叩きつけられた雨粒がすべて同じ高さに跳ね上がって見える瞬間があります。 カン・イング (Kan In Goo 姜仁球 1973年生まれ) さんの作品 「Dancing」 は、3cm四方の小石を、三角柱状にした針金の天地に括りつけ、高さ70cm、幅13×1mに置いたものです。使用した石の数3648個。照明の明暗で針金は見え隠れし、石が空中に浮いているような、いっせいに跳ね上がった瞬間のように見えます。 さらに「地」に置かれた石に、「天」の石の影が重なったさまは、床に叩きつけられて弾け飛んでいるかのようです。小石と針金を使っただけのシンプルな作品ですが、自然現象が立ち現れたようなダイナミックなイメージがあります。
カン・イングさんはこれまで韓国を中心に、爪楊枝を何万本も使った高さ4mの幾何学形態などのインスタレーションを発表してきました。レストランで使う爪楊枝に、自然の極小の生命を、小石には、大地そのものの時間、歴史、記憶を託して作品としています。 彼がその土地から拾い集めて使う石は、駐車場や線路に使われる工業用「バラス(バラスト)」です。大きな岩を砕いて同じ大きさの三角形に揃えられた石を拾い集め、きれいに洗って乾燥させ、掌に載せて、そのかたちを針金でなぞる様に繋ぎます。たくさん集まった小石は、揺らぐ針金の上で、かつてひとつの大きな岩であったように、ひとつの黒い霞に見えます。
カン・イング,Kan In Goo展
カン・イング,Kan In Goo展
カン・イング,Kan In Goo展
 今展の作品は、2008年秋「国際芸術センター青森」が開催したアーティスト・イン・レジデンスにて制作されたものです。今展ではこの作品1点が、INAXギャラリーにあわせてインスタレーションされます。会期終了後、作品に使われた石は青森に返され、作家の手元には石のかたちが記憶された針金だけが残されます。
INAXギャラリー,カン・イング,Kan In Goo展
INAXギャラリー,カン・イング,Kan In Goo展

Photo:ギャラリー2会場 2009

作家略歴
1973 韓国、慶尚南道陜川郡生まれ
1998 東亜大学校卒業(彫刻)
2000 東亜大学校大学院修了(彫刻)
現在、韓国在住
■ 主な個展
2003 「リラックス」(ソウル/韓国)
2006 檜ギャラリー(東京)
2007 レッド・ミル・ギャラリー ヴァーモント・スタジオ・センター(ヴァーモント/アメリカ)
■ 主なグループ展
1991 「ナンブ彫刻展」(韓国) 、「釜山彫刻家協会展」 (釜山/韓国)
「釜山アートフェスティバル」(釜山/韓国)(‘99)、「東亜彫刻家展」 (釜山/韓国)
「東亜アートフェスティバル」(グワチェオン/韓国)
1999 「People & Aet」 (釜山/韓国)
「東亜彫刻家展」 (釜山/韓国)
2001 「ソウル・フリンジ・フェスティバル」(ソウル/韓国) (‘04)
2002 「1234567890 彫刻展」(ソウル/韓国) 、「ジョンジ野外美術展」(チャンエ/韓国)
2003 「韓国彫刻家協会展」 (ソウル) (‘05)、「Flowing in Today」 (高陽市/韓国)
2004 「Magamnews 野外インスタレーション展」 (イェオジュ/韓国)
「AnSung Kumkwang Lake-Enviromental Art Exhibition」 (アンスン/韓国)
「Environment-slow step」(ソウル/韓国)
「野外彫刻プロジェクト 『都市-人間-環境』」(ソウル/韓国)
「ゴヤン彫刻家協会展」(イルサン/韓国) (’05)、「イルサン オープンスタジオ」 (イルサン/韓国)
「ゴヤンアカデミー展」(イルサン/韓国) 、「ゾンゲン美術展」 (ソウル/韓国)
2005 「アリエル 韓国-日本交流展」(釜山/韓国)
「メポ・アート・フェスティバル」 (韓国)
「韓国−日本交流展」(釜山/韓国)
「Gyeong gi bukbu “D.M.Z”」(ウイジェオンブ/韓国)
「ドン川 現代美術家展」(イェオンウォル/韓国)
「AnSung Kumkwang Lake-Environmental Art Exhibition」(アンスン/韓国)
「Magamnews 野外展」(アンスン/韓国)
「芸術再発見 『man mind-child mand』」(スウォン/韓国)
「釜山彫刻展」(釜山/韓国)
2006 「Magamnews 野外インスタレーション展」 (ユリム・ウー、ゴヤン/韓国)
「記憶2006」ダンウォン美術館、(アンサン/韓国)
「シムハク山プロジェクト」(京畿道/韓国)
2007 「彫刻プロジェクト『Lines in Space』」京畿道美術館(京畿道/韓国)
2008 「月下の森」国際芸術センター青森 秋のアーティスト・イン・レジデンス展(青森)
■ コレクション
2004 国立現代美術館(京畿道/韓国)
ダムヤン市野外彫刻公園
ギムチェオン市野外彫刻公園

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.