建築・美術展 GALLERY 2




展覧会案内

INAXギャラリー特別企画展10days セレクション<br>- 予兆のかたち9 -<br>多和田有希展

INAXギャラリー特別企画展10days セレクション
- 予兆のかたち9 -
多和田有希展

2007年8月20日(月)〜8月30日(木)

■ 休館日
日祝日
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料

アーティスト・トーク

8月20日(月) 18:00〜19:00

アートニュース



展示会概要
「10daysセレクション展」はINAXギャラリー2の公募展です。
通常の1ケ月の会期では出会えない新鮮で刺激的な表現を探しています。今年で第9回目となります。
今年は150名の応募があり、その中から2名の作家を選んで、ここにご紹介します。
多和田有希
多和田有希 多和田有希

多和田有希 (Tawada Yuki)さんの作品は写真です。
今展の「WHITE OUT」と名づけられたシリーズでは、スタジアムの群集をモチーフにしています。いや、群衆エネルギーと言ったほうが良いのかもしれません。スポーツでも音楽でも、会場へ足を運ぶ時、見えるもの聞こえるもの以上のとてつもないエネルギーを体感します。多和田さんは、群集がある一定数を超えたときに生まれる、エネルギーを写真に写し撮ろうとしています。
ユニークなのは、まず群集写真を撮影し、その画面の一部を消しゴムで消すことによって、降り注ぐ大きな白い光を画面に出現させ、人々が天啓を受けたようにそれを浴びている光景にしたことです。熱狂する群衆の迫力と、思わず目には見えないものの存在を感じさせるような、光の奔流を生み出した手法に魅せられます。多和田さんのシニカルでナイーブな視線によって切り取られ、消されることによって、強烈なメッセージを発しています。今や望み通りの画像を簡単に手に入れられる私たちを吹き飛ばしてしまうかのような、真っ白消しです。
多和田有希
作家略歴
2006- 東京芸術大学 大学院 美術研究科 先端芸術表現専攻 在学中
2003-2005 University of the Arts London, Camberwell College of Arts (BA) Photography 卒業
2001-2002 University of California, (BA) Fine Art 交換留学
1998-2003 東北大学 応用生物化学科 生命工学専攻 卒業
■ 個展
2004 ‘The Secret Language’, The Michael Faraday Museum, The Royal Institution, London
■ グループ展
2006 ATLAS展 東京芸術大学美術館
2005 ‘Second Sight’, Final Degree Show, Camberwell Garelly, London
2005 ‘The New Age of Photography’, The Royal Institution, London
2002 ‘Tijana’, Ross Garelly, Santa Barbara, U.S.A
2002 ‘Asian American Film Festival’, Isla Vista Theater, University of California, U.S.A

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.